育毛シャンプーの良さとは?!効果的な使い方と正しいシャンプー方法!

育毛シャンプーは店頭販売からネット通販を通じて多くの種類が発売されています。

薄毛対策のために育毛シャンプーを試したいと考えている方がいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、育毛剤と違って育毛シャンプーには効果があるのだろうかと疑問に思うことがあるかもしれません。

この記事では薄毛対策を実践している方や育毛シャンプーに興味がある方に対して、育毛シャンプーとは何か、その効果や正しい使用方法、選び方などについて解説していきます。

育毛シャンプーとは

「育毛シャンプー」はネットやCMなどでよく紹介されていますが、育毛シャンプーはどのようなシャンプーなのでしょうか。ここでは育毛シャンプーとは何か、普通のシャンプーとの違いについて解説します。

育毛シャンプーって何?

育毛シャンプーとは「育毛を手助けするシャンプー」のことです。育毛効果がある成分が含まれているシャンプーという解説もあります。

ここではあくまでも「育毛の手助け」と定義したいと思います。

シャンプーは頭皮の汚れを落とすことが目的です。そして育毛は今生えている髪を育てることです。よってシャンプーは直接育毛を促進するものではないことがおわかりいただけると思います。育毛シャンプーは正式な名前ではなく、世間一般での俗称だということを前置きしておきます。

育毛シャンプーとは育毛効果がある成分を含むシャンプーで頭皮を洗浄することで、育毛のために頭皮環境を改善・維持するシャンプーなのです。直接育毛を促進するような育毛剤ではなく、育毛を手助けしてくれるアイテムです。

育毛シャンプーと普通のシャンプーとの違い

育毛シャンプーは頭皮を洗浄することで育毛のために頭皮環境を改善・維持するシャンプーであるとお伝えしました。ここでは普通のシャンプーとの違いについて解説していきます。

育毛シャンプーと普通のシャンプーとの違いは、「シャンプーに含まれている洗浄成分の違い」です。

普通のシャンプーは「高級アルコール系」の硫酸を含む成分が多く含まれているのが特徴です。これは石油から作られている洗浄成分で、泡立ちがよく洗浄力が高い一方、皮膚への刺激が強いのです。ドラッグストアなどへ行くと安い値段で販売されています。

高級アルコール系で硫酸を含む成分には以下のような洗浄成分があります。

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウリル硫酸アンモニウム
  • ラウレス硫酸Na
  • ラウリル硫酸TEA

育毛シャンプーは「アミノ酸系」の洗浄成分を多く含んでいることが特徴です。アミノ酸系の洗浄成分は皮膚への刺激が少ないため、頭皮に不要な皮脂や汚れを落とし保湿効果があります。普通のシャンプーに比べると価格が高いです。

育毛シャンプーには以下のようなアミノ酸系の洗浄成分が含まれています。

  • ラウロイルグルタミン酸Na
  • ココイルメチルアラニンNa
  • ラウロイルメチルタウリンNa

育毛シャンプーを使うことのメリット

育毛シャンプーと普通のシャンプーには洗浄成分の違いがあり、育毛シャンプーには皮膚への刺激が少ないアミノ酸系洗浄成分が含まれていることをお伝えしました。ここでは普通のシャンプーではなく、育毛シャンプーを使うことのメリットについて解説していきます。

頭皮環境が良くなる

育毛シャンプーは皮膚に刺激が少なく、かつ頭皮の汚れと余分な皮脂を洗浄することができます。そのため、頭皮の過度な乾燥を避けることができます。皮脂は必要ないものと認識している方がいらっしゃるかもしれませんが、皮脂は頭皮を保護する役割を担っています。皮脂が少なくなると頭皮が乾燥してしまい、逆に頭皮環境が悪くなることがあるのです。育毛シャンプーを使うことによって、頭皮を保護する皮脂は残し、不要な汚れと皮脂を洗浄することは頭皮環境を良い状態にすることにつながります。

そして育毛シャンプーは着色料や保存料などの化学物質を含みません。よってこのような化学物質によるアレルギー反応や炎症を引き起こす可能性が低くなります。これも頭皮環境が良くなることにつながります。

また育毛シャンプーを使って頭皮環境が良くなると、育毛剤や発毛剤が頭皮へ浸透しやすくなります。育毛剤や発毛剤の浸透のしやすさは育毛ケアに直結する部分です。育毛剤や発毛剤の効果を十分に発揮させるための環境づくりという点で育毛シャンプーを使うことにメリットがあります。

頭皮の血行が促進される

育毛シャンプーには頭皮の血行を促進する成分が含まれています。

薄毛の原因には頭皮の血行不良が含まれています。髪が成長するためには、血液から栄養を供給することが必要です。血行が悪いと髪に届く栄養も滞るばかりで、なかなか成長できません。

そのため、頭皮の血行を促進することは育毛を実践する上で大切なことなのです。頭皮の血行促進をサポートしてくれる育毛シャンプーは、育毛のために使うメリットがあります。

育毛シャンプーの効果的な使い方と正しいシャンプー方法

育毛シャンプーには「頭皮環境を良くする」、「頭皮の血行を促進する」というメリットがあることを解説しました。ここでは実際に育毛シャンプーの効果を生み出すためにはどのように使ったらよいのか、正しいシャンプーはどのような方法なのかについてお伝えします。

育毛シャンプーの効果的な使い方

育毛シャンプーの使用は1日1回にする

育毛シャンプーに限らず、シャンプーは1日1回にすることです。頭皮の皮脂が気になって1日に2回シャンプーをすると、皮脂が取れ過ぎて乾燥を招く可能性があります。また抜け毛が気になって毎日のシャンプーを控えることも育毛には効果的ではありません。皮脂分泌が過剰になったり、頭皮や髪の汚れが落ちないことによって頭皮に炎症を引き起こします。薄毛の種類で脂漏性脱毛症がありますが、まさに皮脂分泌が過剰なことが原因です。1日1回、育毛シャンプーで頭皮の汚れを落とすことが効果的な使い方なのです。

育毛シャンプーでの洗浄は夜に行う

育毛シャンプーはもちろんのこと、シャンプーはできる限り夜寝る前に行うことです。これには理由があります。1日仕事などで外を歩いたり汗をかいたりすると頭皮や髪に汚れや不要な皮脂がたまります。夜寝る前にシャンプーをすることによって、1日の汚れを落とすことができます。

髪は眠っている間に成長するのです。髪の成長に不可欠である成長ホルモンは眠りについてから約3時間後に最も分泌されます。夜に髪が成長するために頭皮を清潔に整えておくことが必要です。

先に述べたように育毛シャンプーは、頭皮の余分な皮脂だけを洗浄してくれるとお伝えしました。頭皮には必要な皮脂が存在するということです。

夜にシャンプーをして眠ると次の朝には庇護膜という皮脂でできた頭皮を保護してくれる膜が再生します。庇護膜が再生することによって、日中の様々な頭皮への刺激から守ってくれるのです。

正しいシャンプー方法

せっかく育毛シャンプーを使っても正しいシャンプー方法でシャンプーしなければ、育毛シャンプーの効果を得ることできません。正しいシャンプー方法について解説していきます。

シャンプーの前にブラッシングする

髪を濡らす、シャンプーの前にはブラッシングをします。これは頭皮についている汚れを落とすことと、髪の絡まりをとくことができるためです。髪が絡まった状態で髪を濡らし、シャンプーをすると絡まった髪に力がかかってしまい頭皮への負荷が大きくなってしまいます。

シャンプーの前にお湯で洗う

シャンプーで洗浄することが頭皮の汚れを落とすことだと思われがちですが、実はシャンプーの前にお湯で髪や頭皮を洗うことは大切なことです。お湯で髪と頭皮を十分に洗うと、ほとんどの汚れは落ちるといわれています。髪に指を通して、頭皮と髪を濡らしていきます。お湯で洗う時間は約30秒です。お湯の温度は38℃くらいのぬるま湯にしましょう。

シャンプーを良く泡立てる

シャンプーを泡立てていきます。ここでポイントとなるのは髪や頭皮に直接シャンプーをつけないことです。髪や頭皮に直接シャンプーをつけると、髪や頭皮をこすりながら泡立てることになってしまい髪に無理な力がかかったり、頭皮にも必要以上の摩擦力がかかってしまいます。

シャンプーは両手の手のひらに伸ばして、泡立ててから頭皮につけます。シャンプーの泡が汚れを落としたり、髪と髪の摩擦を防いでくれるのです。

シャンプーを頭皮につけて洗う

手のひらで泡立てたシャンプーを頭皮につけて洗います。この時のポイントは指の腹を使って頭皮を洗うことです。爪を立てて洗うと爽快感はありますが、頭皮を傷つけてしまいます。そして次の①~③を3回繰り返して洗います。

①前髪の生え際から頭頂部にかけて

②耳の後ろから後頭部にかけて

③えりあしから後頭部にかけて

このように①~③にわけると洗い残しがなくなります。

ぬるま湯ですすぐ

シャンプーで洗い終わったらぬるま湯ですすぎます。シャンプーのヌルヌルがなくなるまでしっかりすすぎましょう。頭皮にシャンプーが残っているとそれが炎症の原因になってしまいます。

シャンプーの手順動画と参考サイト

花王メリット 地肌チェック/正しいシャンプー方法

育毛シャンプーの正しい選び方

では実際に育毛シャンプーを使うとなると、どのような点に注意して選んだら良いのでしょうか。ここでは育毛シャンプーの正しい選び方について解説していきます。

アルコール系と石鹸系は避けてアミノ酸系シャンプーを選ぶ

先に述べたように、アルコール系のシャンプーは洗浄力が高い反面、皮膚への刺激が強いことや着色料などの化学物質が含まれているため、アレルギー反応を引き起こす可能性があります。

また、シャンプーの種類にはほかに石鹸系の商品があります。石鹸は環境に優しく、洗浄力が高いのですが、アルカリ性であるため私たちの皮膚の酸性度とは異なるのです。皮膚は弱酸性であるため、石鹸系のシャンプーは頭皮に合わない方がいらっしゃるかもしれません。

よって、育毛シャンプーを選ぶ時にはアルコール系と石鹸系のシャンプーは避けるべきです。

育毛シャンプーを選ぶならアミノ酸系のシャンプーがおすすめです。

これまでの解説でアミノ酸系のシャンプーは、皮膚への刺激が少なく、頭皮に不要な皮脂だけを洗浄してくれる特徴があるとお伝えしました。しかしアミノ酸系と聞いてもイメージが湧かない方がいらっしゃると思います。

アミノ酸系シャンプーの洗浄成分として含まれている成分をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

シャンプーは薬事法で全成分を表示する義務があるので、以下に示すような成分が含まれていれば育毛シャンプーとして使用できます。

ココイルグルタミン酸Na

アミノ酸の一種であるグルタミン酸とヤシ油からできる脂肪酸が合成されてつくられています。シャンプーとしての洗浄力が高いのですが、皮膚への刺激が少ないため安心できる成分です。ココイルグルタミン酸Naに似た成分で、ラウロイルグルタミン酸Naがあります。これはグルタミン酸とラウロイル酸が合成されてできた成分で、洗浄力があり且つ皮膚への刺激が少ないことが特徴です。

コカミドプロピルベタイン

ヤシ油に含まれる成分が原材料となってできる成分です。自然からとれる成分なので安心ですし、皮膚への刺激が少ないことから安全な成分であるといえます。これに類似した成分でラウロイルメチルアラニン酸Naがあります。

育毛シャンプーは必ず値段を確認する

ドラッグストアなどで市販されている普通のシャンプーの値段は、1本につき500~1,000円前後で購入できます。しかし育毛シャンプーの場合は、普通のシャンプーよりも価格が高いです。

安い育毛シャンプーでも1本につき2,000円台であり、高いものだと5,000円以上するシャンプーもあります。値段を確認せずに購入すると請求金額をみてびっくりしてしまうことも。

自分の経済状況と相談しながら、育毛シャンプーは必ず値段を確認して購入してください。

育毛シャンプーと併せて育毛剤を使う

育毛や薄毛対策を実践するのであれば、育毛シャンプーだけではなく、育毛シャンプーと併せて育毛剤を使うことをおすすめします。

育毛シャンプーは育毛を手助けしてくれるのみで、育毛を直接促進するアイテムではないからです。育毛剤は血行促進や皮脂の分泌を抑制し、髪の保護と脱毛を予防しながら今ある髪の成長を促進してくれます。

育毛シャンプーで頭皮を洗浄し頭皮環境が良い状態で育毛剤を使用すると、その効果はより得られやすいと思います。

育毛剤もシャンプーと同様に種類があります。自分の育毛の方針や薄毛の原因と照らし合わせて選択するべきです。育毛剤には以下のような種類があります。

男性ホルモンを抑制する育毛剤

薄毛の原因である男性ホルモンを抑制する育毛剤があります。男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変化して、ジヒドロテストステロンが受容体と結合すると薄毛の指令を出すのです。薄毛の指令が出ないように、そのもととなっている男性ホルモンを抑制して薄毛対策をする育毛剤となります。

男性ホルモンを抑制する育毛剤の成分には、

「ノコギリヤシ」、「キャピキシル」、「ヒオウギエキス」、「亜鉛」などがあります。

「キャピキシル」にはイソフラボンが含まれており、イソフラボンは女性ホルモンと同様の働きをするため、男性ホルモンに拮抗して結果的に男性ホルモンを抑制してくれます。

血行を促進する育毛剤

髪は身体の一部であり、皮膚と同じです。成長するためには、血液が循環しなければなりません。血液に含まれる栄養を髪の根元にある毛母細胞が吸収することによって髪が成長します。様々な要因で頭皮や髪への血行が悪いと栄養を受け取ることができないため、薄毛が進行します。血行促進をしてくれる育毛剤があるのです。

血行を促進する育毛剤に含まれる成分は「センブリエキス」、「M-034」があります。

「M-034」はミツイシコンブから取れる成分で化学物質ではありませんので、ご安心ください。「M-034」は血行促進の他に保湿の効果もあります。

毛母細胞を活性化する育毛剤

先ほど髪が成長するためには、血液から栄養を受け取ることが必要であると解説しました。育毛剤によって髪をつくり出す毛母細胞に直接栄養を届ける、活性化する育毛剤があります。

毛母細胞を活性化する育毛剤には「ビタミン類」、「亜鉛」、「アミノ酸」があります。

栄養は食事から摂取することも必要で、育毛剤と一緒に毛母細胞へ栄養を届けることが大切です。

頭皮を保湿する育毛剤

頭皮にとって保湿は大切なことです。頭皮が乾燥すると、フケやかゆみが出てそこから炎症になってしまうことがあります。すると頭皮環境が悪くなり、薄毛が進行することがあります。頭皮の乾燥を改善してくれる育毛剤があります。

頭皮を保湿する育毛剤には「ヒアルロン酸」、「アロエエキス」、「イチョウ葉エキス」、「ヒオウギ抽出液」などがあります。

まとめ

いかがでしたか?育毛シャンプーは直接育毛を促進するものではありませんが、育毛のために頭皮環境を整えてくれるシャンプーです。育毛シャンプーにはアミノ酸系の洗浄成分が含まれていて、頭皮への刺激が少なく、頭皮に必要な皮脂を残して洗浄できることが特徴です。

育毛や薄毛対策のためには、効果的な育毛シャンプーを選び、正しいシャンプー方法で頭皮を洗浄して、さらには直接育毛を促進してくれる育毛剤を使うと実感できる効果が大きくなるはずです。

この記事が薄毛対策を実践している方や育毛シャンプーに興味がある方の参考になれば幸いです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!