育毛対策は何歳から始めても大丈夫?

薄毛対策は何歳くらいから始めるべきなのか? このように迷っている人も多いのではないでしょうか。

円形脱毛症などの特殊な状態を除けば、薄毛というのは徐々に進行していくものです。そのため、まだ大丈夫だろうと思っていたものが手遅れになってしまうこともよくある話です。では何歳くらいになったら、育毛対策を始めるべきなのでしょうか。

育毛に最適な年齢はない

結論から述べると、この年齢で育毛を始めればバッチリだというような基準はありません。ただし基本的には、早く育毛を始めればそれだけ良い結果が出る可能性が高まると言うのは間違いありません。

育毛対策が遅れてしまう理由

薄毛が進行するパターンには、頭頂部からハゲていく「O字ハゲ」と、前頭部からハゲていく「M字・U字ハゲ」があります。

欧米人の場合M字ハゲの方が多いと言われているのですが、日本人の場合はO字ハゲの方が優勢です。このO字ハゲが、育毛対策が遅れてしまう1つの原因となっています。

前頭部からハゲあがっていくM字ハゲなら、鏡を見れば一目瞭然です。しかしO字ハゲの場合は、鏡を見てもなかなか確認することは難しくなっています。周囲の人は薄毛が進んでいることに気づいているでしょうが、それをわざわざ指摘する人はあまりいないでしょう。

このように、O字ハゲの場合は薄毛の進行を察知できない可能性が高いので、注意が必要ですで。また、薄毛というのは徐々に進行していくものですから、なんとなく気づいていても、育毛をしようという決意までに至らないことともしばしばあります。

育毛対策が遅れた場合の問題点

さまざまな理由から育毛対策が遅れる人がいます。しかし薄毛に悩んでいる人の4分の3、つまり75%ほどの人が「もっと早くから育毛対策をしておけばよかった」と後悔しているというデータがあるのを知っておいたほうが良いでしょう。

これは育毛対策を始めて、ようやく薄毛が進行してからの育毛の難しさを知るということでしょう。薄毛の初期、髪が細くなったり、うぶ毛のようになっただけなら、元の状態に戻せる可能性は十分にあります。

しかし髪が抜け、頭皮がツルツルになり、毛根が死滅した状態にまでなってしまうと、そこから髪を生やすのは至難の業となってしまいます。

もちろんミノキシジルなど一部の医薬品を使えば、ツルツル状態から髪が生えることも無くはありません。しかしかなりの費用と時間がかかってしまいますし、確実に成功するとも言い切れません。

手遅れにならないように

ほとんどの人は、目に見えて薄毛が目立つようになってから育毛対策を始めます。もちろんやらないよりはやった方が良いのは間違いありませんが、しかしそのようなやり方では、すでに薄毛がかなり進行している場合が多いでしょう。

育毛対策を始めるなら、抜け毛が増えてからというより、抜け毛を防止するという予防の観点から始めたほうがより高い効果を期待できるはずです。

じっさいの育毛対策

育毛対策と言うと育毛剤を思い浮かべる人が多いかもしれませんが、育毛対策にはさまざまなアプローチがあります。たとえばタバコやお酒を控えるだけでも、立派な育毛対策だと言うことができます。

育毛対策には大きく分けて、「生活環境の改善」と「頭皮環境の改善」の2つアプローチが考えられます。自分の状況に合わせて、適切な方法を選んでいくと良いでしょう。

生活環境の改善

まだそれほど薄毛が進行していないのなら、生活環境の改善を主眼に据えた育毛対策を進めていけばよいでしょう。これは、まだ薄毛になっていないという人の薄毛予防としても有効です。

  • バランスの良い食事を心がける
  • お酒、タバコは控える
  • 決まった時間に十分な睡眠をとる
  • 適度な運動をする
  • ストレスを溜めない

以上のようなものが、生活環境の改善に必要な要素となります。ようは、健康な生活をしましょうということですね。髪も体の一部ですから、体に負担がかからない規則正しい生活が髪にも良いと言うわけです。

生活環境の改善は、育毛対策としてだけでなく、生活習慣病などの予防にもつながりますから積極的にやっていくと良いのではないでしょうか。

また生活環境の改善は自分の努力が必要な項目がほとんどですが、食事に関してはサプリメントの力を借りるという手段もあります。育毛の役に立つ成分が多く含まれている「育毛サプリ」が販売されていますので、利用してみても良いでしょう。

頭皮環境の改善

こちらは体全体ではなく、髪と頭皮に絞った対応策となっています。抜け毛が急に増えたなどの問題が実際に起きているなら、このような方法を試してみるべきでしょう。

  • パーマ、ブリーチ、カラーリングなどをやめる
  • 頭皮マッサージをおこなう
  • 育毛シャンプーを使う
  • 育毛剤を使う
  • 病院に通う

こちらは下の項目ほど、より費用などの負担が大きい改善方法となっています。予防の観点から見れば、上の3つでも十分に効果を期待できますが、薄毛がかなり進行してしまったら、育毛剤か病院の力を借りる必要があるでしょう。

年齢別の指針

薄毛の進行には個人差もありますので、これが正しいというルールは断言しづらいものです。しかし統計によりある程度の傾向はわかっていますので、大まかな指針は示すことができるでしょう。

10代~20代

男性が薄毛になった場合、まず怪しまなければいけないのはAGA(男性型脱毛症)です。しかし20代までにAGAが発症する人は、全体の数%しかいません。

ですから若いのに抜け毛が目立っているようなら、AGA以外の原因で薄毛になっている可能性が高くなってきます。AGA用の対策では効果が出ないことも多いので、しっかりと原因をさぐる必要があるでしょう。

まず考えられるのが、オシャレの弊害です。パーマ、カラーリングなどを頻繁に行っているなら、それが毛根にダメージを与えている可能性があります。気になったら一度オシャレは後回しにして様子を見るべきでしょう。

他には、若さから来る生活環境の乱れが考えられます。タバコやお酒の飲み過ぎ、徹夜続きなど、若いときには無理が効きますが、そういった生活は育毛の大敵です。

もしもこれらに当てはまらないのに薄毛になっているなら、円形脱毛症や脂漏性脱毛症などの病気であるかもしれません。AGAの可能性も無いとは言い切れませんし、一度病院で確認してもらったほうが安心できるのではないでしょうか。

ちなみに、10代で薄毛になっている人は1つ注意が必要です。思春期ではホルモンバランスの問題がありますので、使用ができない育毛剤が多くあります。誤って親の育毛剤などを使ったりしないようにしましょう。

30代~40代

このあたりの年代が、一番薄毛を気に始める頃合いです。じっさいに40代までに3割ほどの人がAGAを発症すると言われています。AGAは放置しているとどんどんと薄毛が進行する病気ですので、一刻も早い対応が望まれます。

やはり手軽で効果が期待できるのは、育毛剤の使用でしょうか。育毛剤の中には、AGAの進行を抑える成分が入っているものが多くあります。また血行促進や殺菌作用などの頭皮環境の改善につながる成分が入っていることも多いでしょう。

髪型が決まらなくなってきた、髪のボリュームが少なくなってきた、などの薄毛の初期症状を見抜いて育毛剤を使えれば、状況が改善される可能性も高くなります。30代を過ぎたらハゲ始めると警戒しておけば、素早い対応が取れるのではないでしょうか。

50代~

このあたりになると、かなり多くの人がハゲ始めてきます。老化現象の一種ですのである意味仕方ないところもあるのですが、しかし60代でもハゲていない人もそれなりに存在しています。

育毛剤の使用や、薄毛関連に詳しい病院への通院をおこなえば抜け毛の進行を食い止められる可能性も十分にありますので、諦めずに対処してみたほうが良いでしょう。

ただし、この年代になると、薄毛以外の持病があらわれていることも珍しくありません。育毛剤を使う場合には、他の病気との兼ね合いを頭においておく必要があるでしょう。

特にミノキシジルやフィナステリドなどの副作用が強い物を使う場合には、慎重に検討したほうが良いでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!