ヘアサイクル(毛周期)について

一つの毛穴からは、複数の毛が生えてきます。この数は3~5本と言われていて、それぞれ独自のサイクルで活動しています。

髪は毎日どの程度抜けているのでしょうか。また髪の成長速度・寿命についても見ていきましょう。

抜け毛の本数って1日に何本くらい?

普通の人の髪の毛は、全体で10万本ほどあるとされています。このうちに50~100本ほどの毛が、毎日抜けていると言われています。

一番多く抜けるのは髪を洗っている時です。この時、数十本抜けたとしても正常ですので、心配はいりません。1日に200本以上の毛が抜けているなら、AGAなどなんらかの薄毛症状が進行している危険性があります。

髪の毛の成長スピードは?

髪の毛の伸びる早さにはかなりの個人差があります。一般的には、1日で0.35mmほど伸びるとされています。1ヶ月で約1cm、1年で12cmほど伸びる計算になります。

髪の毛の伸びは、気温や日差しの強さによっても変わってきます。暖かい夏は髪の伸びるスピードがも早くなり、逆に冬はスピードが遅くなります。髪の伸び率は年齢によっても変化し、高齢になるほどスピードが遅くなります。

また女性のほうが伸びるスピードが早いとされています。これは女性ホルモンの影響のためだと考えられています。

抜け毛は時期により変動するの?

髪の毛は、一年中同じように抜けているわけではありません。季節により、抜ける本数が増えたり減ったりしています。

1年で一番髪が抜けやすいのは、秋だと言われています。理由は諸説ありますが、夏の間に浴びた紫外線が頭皮に悪影響を与えるというのが一つの答えです。また気温が下がることで頭皮が硬くなるため、これも抜け毛を増やす原因になると考えられています。

秋に抜け毛がどのくらい増えるかというと、通常の倍ほどになる人も珍しくありません。平均を50~100本とすれば、その倍の100~200本程度の髪が毎日抜けていくと考えられます。秋に抜け毛が少し増えたくらいなら、それほど心配する必要はないでしょう。

髪の寿命は?

髪の毛はその一本一本が、それぞれのサイクルで生え変わっています。髪の毛が生まれ、抜けていくまでには、大きく分けて4つの時期があります。「成長期」「退行期」「休止期」「脱毛期」という、4サイクルを繰り返すことで髪は生え変わっていくのです。

成長期

髪の毛が伸びていく時期です。毛母細胞が活発に細胞分裂を繰り返し、毛が押し上げられていきます。髪全体の8~9割は、この成長期に含まれます。

成長期は男性で3~5年続いていき、その間ずっと髪が伸びていきます。女性の場合は成長期が更に長く4~6年かけて伸びていくとされています。

退行期

毛母細胞の活動が弱くなっていく時期です。毛球が縮んでしまい、髪が成長しなくなってしまいます。成長期が終わった後、2~3週間の間この退行期になるとされています。

休止期

髪がまったく伸びなくなる時期です。ただし毛根の奥では、新しい髪の生成準備が始まっています。休止期の期間は数ヶ月とされていて、髪全体の1~2割ほどがこの休止期にあります。

脱毛期

髪の毛が自然に抜け落ちていく時期です。しかしただ抜けるだけではありません。毛母細胞が再び活性化し、新しい髪が生まれるため髪が抜けていくのです。

新しい髪によって、古い髪が押し出されて抜けるだけですので、脱毛期は同時に「発毛期」であるとも言うことができます。髪を洗ったり、ブラッシングした時に抜ける毛は、この脱毛期のものです。

髪の寿命

4つのサイクルの中で一番長いのが成長期で、髪の一生のほとんどを占めています。そのため髪の寿命も成長期とあまり変わらず、男性なら3~5年が寿命だと考えられます。女性の場合は、女性ホルモンの影響で寿命が長く4~6年ほどとされています。”

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!