髪の成分

髪というのは、どのような物質で作られているのでしょうか。その構成している成分や、髪の性質について説明します。髪の成分がわかれば、その成長を助けるために必要な栄養素についてもわかります。髪のことを知り、その成長を促進していきましょう。

そもそも髪って何で出来てる?

髪の毛というのは、実は皮膚の一部分が変化してできたものです。その成分のほとんどはタンパク質が占めています。

タンパク質には、柔らかい特性がある「コラーゲンタンパク質」と、硬い特性がある「ケラチンタンパク質」があります。このうち髪は、そのほとんどが硬いケラチンタンパク質で構成されています。

髪の毛の8割ほどがタンパク質で構成されていて、そのタンパク質の7割ほどがケラチンだとされています。またタンパク質の次に多いのが水分で、他に脂質やメラニン色素などが髪に含まれています。

タンパク質は18種類のアミノ酸が集まってできています。とくにシスチンとグルタミン酸が多く、髪の健康のためには積極的に摂取していきたい成分です。

髪の基本的な性質

髪の毛はph4.5~5.5という弱酸性の性質を持っています。弱酸性であることから、酸には強いのですが、アルカリには弱くなっています。もしこれがアルカリ性に近づいてしまうと、キューティクルが開き、髪の弾力が無くなってしまいます。

パーマやヘアカラーにはアルカリ性の成分が使われている事が多いため、髪にダメージを与えてしまうことになります。また、パーマの後に弱酸性のリンスなどを使うのは、アルカリ性に傾いてしまったphを弱酸性に戻すためです。

髪の毛はその細さと裏腹に、かなりの強度を持っています。一本の毛が耐えられる重さは100~150gとされ、これはコーヒーカップ1個ほどの重さを支えられるということです。

逆に言えば、髪の毛でコーヒーカップを持ち上げようとして切れてしまうようなら、髪の毛が細く弱くなっている可能性が高いと言えるでしょう。

髪の成分を補うために必要な栄養素

髪の毛はそのほとんどがタンパク質でできていますので、食事でもタンパク質を取ることが重要です。

タンパク質には、肉や魚に含まれている「動物性タンパク質」と、豆類などに含まれている「植物性タンパク質」があります。髪の健康のためには、植物性タンパク質を多めに取るほうが良いでしょう。

またタンパク質以外にも、「亜鉛」や「ビタミン」などを摂取する必要があります。

亜鉛

亜鉛は、食事でとったタンパク質をケラチンにするために使われる成分です。タンパク質だけを取ってもきちんと合成されないため、亜鉛は重要な成分だと言えます。

また亜鉛には、抜け毛を予防する効果もあるとされています。亜鉛は、普通に食事をしているだけでは不足しがちな栄養素です。意識して亜鉛を含む物を食べていきましょう。

亜鉛は牡蠣や牛肉に多く含まれています。また多くの育毛サプリメントには、亜鉛が含まれていますので、それらから摂取するのも良い方法です。

ビタミン

ビタミンの中でもビタミンB6は、亜鉛の働きを助ける効果があります。亜鉛によってタンパク質がケラチンに変わるため、それをサポートするビタミンB6は大事な栄養素です。ビタミンB6は、肉類や鮭、マグロなどに多く含まれています。

他にビタミンA・ビタミンB2・ビタミンCなどには、代謝を高め、髪の成長を助ける効果があります。ビタミンA・B2はレバーに多く含まれています。またビタミンCは、赤ピーマンや黄ピーマンに多く含まれています。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!