生え際の薄毛の原因と対策【復活させる方法とは】

最近、生え際の毛髪が薄くなってきたと悩んでいる人は、結構いるのではないでしょうか。それが20~30代といった若年層ならば、悩みはより深刻でしょう。生え際の薄毛にはどのようなタイプがあり、何が原因で引き起こされるのでしょうか。

生え際の薄毛の種類は?

生え際の薄毛は、大きく分けて2種類あります。ひとつは額の両端が徐々に後退していく「M字はげ」です。額の端から徐々に薄毛になっていき、中心部分が残ってしまうというタイプです。もうひとつは、額の中心部から後退していく「O字はげ」です。

中心部分が後退することで、昔の武士の月代のようになってしまうものです。

M字と闘う育毛剤「プランテル」の効果ってどうなの?

2016.08.01

生え際の薄毛の原因は?

薄毛になるパターンこそ違っていますが、M字はげもO字はげも原因はAGA(男性型脱毛症)です。男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)の働きによって、頭部の脱毛が促進されてしまうために起きる病気です。

男性ホルモンからDHTが生成されるためには、2型5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になります。この酵素はどこにでもあるというわけではなく、頭部だと額とつむじ周辺に偏在しています。

AGAによる脱毛が前頭部の後退か、つむじ周辺の薄毛になるのは、この酵素の偏在によるものです。逆に側頭部にはほとんど酵素がないため、AGAが進行しても波平さんのように側頭部には毛髪が残るのです。

生え際の薄毛の対策は?

フィナステリドの画像
ミノキシジルの画像
薄毛対策は、原因であるAGAの治療を行うことが最も効果的です。DHTの生成を抑制することで頭部の脱毛を抑え、頭皮の血流良化で毛根に栄養分を与えて発毛を促す方法が一般的です。

いずれも治療薬が存在しており、AGAクリニックをはじめとする医療機関では、DHTの生成抑制にはフィナステリドという飲み薬、頭皮の血流良化にはミノキシジルという塗布薬を使うのが一般的です。健康保険の対象外ですので、それなりのコストがかかります。

また、効果が出るまでには平均で半年ほどかかるため、焦らないことも肝要です。実は、フィナステリドもミノキシジルも個人での輸入が可能で、コストもそちらの方が安くなります。医療機関では処方されない、飲み薬タイプのミノキシジルの入手も可能です。

問題は、いずれの治療薬にも副作用があることです。フィナステリドはED(勃起障害)や肝機能障害、塗布薬タイプのミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹が確認されています。

また、飲み薬タイプのミノキシジルは血圧異常を起こし、命にかかわる症状が出たケースも報告されています。生え際の薄毛対策は、安全性を取るならば医療機関、コストを取るならば個人輸入といったところです。

生え際を復活させる方法とは

頭髪の生え際が次第に薄くなってくると、いつかはげ上がってしまうのではないかと心配になりますよね。薄くなってしまった生え際を、元通りに復活させる方法はあるのでしょうか。もしあるとすれば、それはどのような方法なのでしょうか。

生え際の薄毛を復活させることは不可能なのか?

生え際が次第に薄くなってしまう原因は、ほぼ確実にAGA(男性型脱毛症)です。

これは、男性由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって、頭部の脱毛が促進されてしまうために起きるものです。この状態から毛髪を復活できるのかというと、実はちゃんとした治療法があるのです。

AGAの治療に必要となるのは、DHTの生成を抑えてこれ以上脱毛を進行させないことと、毛髪の成長を促すために毛根に十分な栄養を与えてやることです。

前者はフィンペシアをはじめとする薬剤で抑えることが可能ですし、後者は毛髪の成長に必要な栄養分を摂取すればいいのです。

生え際の薄毛復活に有効な食べ物とは?

では、頭髪を復活させるために必要な栄養素を摂取するためには、どのような食べ物を摂取すれば有効なのでしょうか。

頭髪はケラチンというタンパク質からなっていますが、ケラチンは食べ物から摂取することはできません。シスチンをはじめとするアミノ酸から生成するのです。そして、生成時の過程で亜鉛が必要になります。

シスチンは大豆製品やカシューナッツ、亜鉛は牡蠣やビーフジャーキーなどに多く含まれています。ただ、ケラチンが多くても、毛母細胞の分裂が促進されなければ頭髪は成長してくれません。細胞分裂を促進させるためには、ビタミンB2とB6が必要です。

ビタミンB2はレバー、B6はニンニクなどに多く含まれています。

フィンペシアは生え際復活に有効なのか?

フィンペシアの画像 そして、頭髪の復活のためには脱毛を抑えることが必要で、そのために有効だとされているのが、フィンペシアの主成分であるフィナステリドです。

男性ホルモンからDHTを生成するためにはある酵素の働きが必要ですが、フィナステリドはこの酵素の働きを抑えてくれるのです。ただ、フィナステリドはあくまでも脱毛を抑えるだけで、育毛効果はありません。では、なぜ生え際復活に有効なのでしょうか。

それは、毛髪の成長に必要な栄養分を摂取して、しっかりとした毛髪が生えるようになってきても、先に脱毛を抑えておかなければ生える端から抜けるという無意味なことになってしまうからです。

生え際復活のためには、まず脱毛を抑えておかなければならず、それができた上で初めて育毛を行う必要があるということなのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!