生え際の後退を食い止める方法

額が広い人は、もしかして生え際が後退しているのではないかと不安に思っているのではないでしょうか。実際に生え際が後退しているかどうかはどのようにして確認するのか、もし後退しているのならば原因と対策法にはどのようなものがあるのかについて、説明していきましょう。

生え際の後退をどうやって判断する?

生え際が後退しているかどうかの判定法は、意外と簡単です。まず、耳の頂点から頭頂部に向かって線を引きます。次に、額の端の「剃りこみ」と言われる部分から、その線までの長さを測るのです。生え際が後退している場合、この長さが2センチ未満になっています。

逆に、長さが2センチ以内ならば額が広いだけで、生え際が後退していないといっていいでしょう。この判定法は医療機関でも行われているもので、比較的信頼性は高いといっていいのではないでしょうか。

原因は?

生え際の後退は、AGA(男性型脱毛症)という、男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で引き起こされる病気によるものです。DHTは体毛を濃くしたり、体を筋肉質にしたりと、男性らしい体にするためには必要なものです。

ただ、困ったことに頭部の脱毛を促進させてしまう働きも持っているのです。なぜこのようなはげ方をするのかというと、DHTの生成に必要な酵素の分布が偏っているためです。頭部の場合は前頭部とつむじの周辺に偏在しており、逆に側頭部にはほとんどありません。

つまり、AGAはこの酵素の多い部分から脱毛が始まり、酵素の少ない部分の毛髪は波平さんのようにしぶとく残ってくれるというわけです。

食い止める方法は?

フィナステリドの画像 生え際の後退を食い止めるためには、DHTの生成を抑制し、抜け毛を減らす要があります。医療機関ではこのための薬剤として、フィナステリドが処方されています。また、ノコギリヤシのエキスにも同様の効果があることが分かっています。
ノコギリヤシの画像 フィナステリドやノコギリヤシのエキスは、上記の酵素の働きを抑えることでDHTの生成を減らします。ただ、これだけでは生え際の後退を食い止めるだけですので、毛髪を復活させるためにはミノキシジルをはじめとする育毛剤の力が必要になってきます。

実はフィナステリドは個人輸入も可能で、医療機関での処方よりも安上がりです。ただ、フィナステリドには抑鬱症状やED(勃起障害)、肝機能障害などの副作用があります。

副作用のリスクを考えるならば、医療機関でフィナステリドを処方してもらうか、目立った副作用のないノコギリヤシのエキスを摂取する方がいいでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!