育毛剤・発毛剤・養毛剤の違いと使い分けのポイント

薬局に行くと、実にいろいろな種類の薄毛対策グッズが売られていますよね。よくよく見てみると、「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」などと表示されているのに気付くと思います。「ん?何が違うの???」と思ったことはありませんか?

実際、この3種類の製品の違い、何なのかわかりますか? 今回の記事では、「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」とは何なのか、そしてその違いにかかわる「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」についてもご説明いたします。

「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」は何が違う?

「育毛剤」「発毛剤」「養毛剤」の違いは、その商品にどんな効果が期待されるのかということで、厚生労働省からどのような承認を得ているのかによってどの名前を名乗ることができるかということが決まってきます。

すべてが当てはまるわけではありませんが、一般的には以下のような関係になっていることが多いです。

発毛剤≒医薬品(医療医薬品および一般医薬品の第一類~第三類)

育毛剤≒医薬部外品

養毛剤≒化粧品

医薬品と医薬部外品、化粧品の区分は、厚生労働省によって分類されています。基本的に薄毛に対する効果の強さと、副作用などのリスクの強さは、

発毛剤>育毛剤>養毛剤(医薬品>医薬部外品>化粧品)

という関係があります。つまり、発毛剤は一番効果が期待できるけれど、一般的な薬と同じく副作用が強く出る可能性があるものになります。

医薬品・医薬部外品・化粧品とは

医薬品・医薬部外品・化粧品は、すべて広い意味での「医薬品」に分類されます。その3つには以下のような決まりがあります。

医薬品とは

狭い意味での「医薬品」には、医師の診断を受けたうえで処方箋を出してもらう必要のある「医療用医薬品」とドラッグストアやインターネットなどで買うことのできる「一般医薬品」があります。

医療用医薬品は、医師の診断を基にした「疾患」に対して出されるお薬です。薄毛の薬であれば「AGA(男性型脱毛)」という病気に対して出されるプロペジアが、医療用医薬品です。

一方、一般医薬品は、医師の診断がなくても買えるもので、「症状」に対して使う薬です。「薄毛」や「脱毛」に対して使うリアップが、一般医薬品の例です。リアップのHPにAGAの治療と書かれずに、「発毛、育毛、抜け毛の進行予防」と書かれているのはこのためです。

薄毛の予防ではなく、治療ができるのはこの医薬品に分類される商品だけになります。すでに剥げてしまった人の場合は育毛剤では効果が弱く、医薬品である発毛剤を使う必要がありますね。

医薬部外品とは

医薬部外品」は、厚生労働省が認可した効果のある成分は入っているけれど、病気の治療ではなく予防のみを目的としたものが分類されます。

医薬部外品として認められる予防の内容は、以下の3つだけになっています。

  • 吐きけその他の不快感又は口臭若しくは体臭の防止
  • あせも、ただれ等の防止
  • 脱毛の防止、育毛又は除毛

医薬品と医薬部外品の大きな違いは、ドラッグストアではなく、薬剤師のいないコンビニやスーパーなどでも買えることです。化粧品と同じく手に入れやすい商品ですね。入っている成分の効果は厚生労働省が認可しているため、薄毛予防としての効果に関しては、しっかりと発揮してくれることが期待できますね。

化粧品とは

最後に化粧品は

「人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう」

という定義があります。つまり、薬としての効果というよりも美容面の効果のある、副作用の強くないものが「化粧品」には分類されるんですね。

化粧品というと女性のメイクアップをイメージしますが、薄毛に効果のあるものもこの化粧品の分類に入るんですよ。薄毛に使う化粧品もコンビニやスーパーでも手に入ります。

発毛剤――日本で認証が下りているのは3種類のみ

まず、発毛剤は、毛のない部分に毛を生やす作用が認められている成分を含んだ薬です。毛を作るもとである毛母細胞に直接働きかけて、細胞分裂を促し、毛を生やす効果があります。

育毛剤はれっきとした薬です。法律上は狭義の「医薬品」に分類されます。現在、医薬品として認められている発毛剤は、日本では以下の3種類です・

フィナステリド

商品名:プロペジア(内服薬)

分類:医療用医薬品=手に入れるためには病院を受診する必要がある

作用機序

薄毛の原因となるジヒドロテストステロンというホルモンの合成を抑える

   主な副作用

    男性機能の低下(性欲の減退や勃起機能低下など)

  

デュタステリド

   商品名:ザガーロ(内服薬)

   分類:医療用医薬品=手に入れるためには病院を受診する必要がある

   作用機序

フィナステリドと同じ(フィナステリドより効果が高いと言われている)

   主な副作用

    フィナステリドと同じ

ミノキシジル

   商品名:リアップ、リアップ×5、リアップリジェンヌ(すべて塗り薬)

   分類:第一類医薬品=処方箋なしでも薬局やインターネットで購入することが可能

   作用機序

    血管を拡張して、頭皮の血流を改善する(毛根へ栄養や酸素をしっかり届ける)

   主な副作用

    塗った部位のかぶれ・血圧の低下など

  発毛剤と書いてあるものは、予防薬ではなく、治療薬です。毛が抜けるのを予防するだけではなく、毛が生えて来ることも期待できる薬です。

ただし、薬に分類されるため、育毛剤や養毛剤に比べ、副作用のリスクも多少高くなるので、注意して使う必要があるでしょう。

※海外薬の位置づけ

 最近、インターネットを介した「個人輸入」で、海外薬を手に入れる人も多いです。実際、プロペジアやザガーロもインターネットを使えば処方箋なしで手に入れることができます。個人輸入は、自分のために使う薬を輸入するのであれば違法ではありません。

 ただし、海外薬には本物のように見える「偽薬」や質の悪い薬が混じっている可能性があります。また、副作用の危険のある医薬品を自分の判断で使うことになります。個人輸入の薬による死亡事故もいくつか報告されていますので、その使用には十分注意するようにしてください。

育毛剤――種類が多く、有効成分も多彩

育毛剤は、「発毛効果は認められないけれど、今ある毛を太くしたり、強くしたり、抜けにくくしたりする」お薬です。治療薬ではなく、薄毛の予防薬という位置づけになります。

化粧品よりも効果の根拠が強く、医薬品より副作用の心配が少ないため、比較的使いやすい商品になります。

育毛剤に分類される薄毛予防薬には、さまざまな成分が含まれています。すべての成分の説明をすると長くなるので、育毛剤によく使われ、しっかりした効果が期待できる成分をいくつかご紹介しますね。

M304

昆布やわかめなどの褐藻類のドロッとした部分に多く含まれる育毛成分の抽出物です。最近話題の「ブブカ」や「チャップアップ」といった育毛剤の主成分になります。

効果は以下の通りです。

  • 血行促進
  • 頭皮の血管新生を促し、育毛をもたらす血管内皮増殖因子(VEGF)の生成促進

  • 抜け毛予防
  • 毛の退行を誘導するFGF5をブレーキする退行期誘導因子の抑制因子(FGF5S)の生成

  • 頭皮の保護
  • ヒアルロン酸と同等の保湿力を持つ

育毛効果(発毛ではありませんが)はリアップと同じくらいともいわれています。毛が細くなってしまったせいで全体的に薄く見える人にとっても有効かもしれませんね。

ピディオキシジル(ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド)

リアップの成分であるミノキシジルの構造を少し変化させて作られたミノキシジル誘導体と言われる成分です。「BOSTONスカルプエッセンス」や「フィンジア」の主成分です。

ビディオキシジルには以下のような作用があるといわれています。

  • 血行促進
  • ミノキシジルと同様、血管拡張作用があり、頭皮の栄養状態を改善することで、育毛効果を出してくれます。

  • 細胞分裂活発化
  • 毛母細胞に直接働きかけ、細胞分裂を活発にすることで育毛効果を認めます。毛包も活性化し、成長サイクルの中の成長期を伸ばし、休止期を短くすることで薄毛を予防する効果があります。

  • 毛母細胞を眠りから覚ます
  • 眠ってしまった毛母細胞をたたき起こす効果もあると言われています。医薬品でないため「発毛効果」があるとおおやけには宣伝できませんが、発毛効果がある可能性はあります。

塩化カルプロニウム

塩化カルプロニウムを配合した「カロヤン」シリーズは医薬部外品ではなく、医薬品(第二・第三類医薬品)として認められていますが、発毛剤ではなく、育毛剤の分類になります。少しややこしい分類ですね。

塩化カルプロニウムが認められている作用は発毛効果ではなく育毛効果。リアップのミノキシジルと同じ血管拡張による頭皮の血流改善が主な作用機序になります。

カロヤンプログレやカロヤンガッシュがこちらの成分を含んでいます。

また、円形脱毛症の治療薬として使われる「フジロン液」は、塩化カルプロニウムを含む医薬品です。塩化カルプロニウムは医薬品としても使われる成分ですが、「カロヤン」シリーズは含有濃度が低いため、発毛剤ではなく育毛剤になっています。

ジフェンヒドラミンHCl

抗ヒスタミン薬であり、頭皮の炎症を抑えるとともに、血行促進作用を持ちます。頭皮の炎症によってうまく成長できなかった毛を、炎症を抑えることで、太く強く成長させる作用があります。ジフェンヒドラミンは、アレルギーの治療薬としても使われる成分ですよ。

ジフェンヒドラミンHClは「ブブカ」や「チャップアップ」などに含まれています。

酢酸トコフェロール

酢酸トコフェロールは、ビタミンE誘導体と言われる成分です。ビタミンEの構造を変化させることで、効果はそのまま保ち吸収性や溶解性などを高めて、体でうまく働くように作られた物質です。

酢酸トコフェロールには末梢血管拡張による血行促進作用と、抗酸化作用による毛根の保護作用が期待されています。

「リアルラゾンDX」などに含まれる成分です。

センブリエキス

非常に多くの育毛剤に含まれる成分で、リンドウ科のセンブリという植物に含まれる成分を抽出したものになります。

もともと、胃腸の健康やじんましんの解消などに使われる漢方でしたが、育毛剤に配合されて、血行の促進や細胞分裂の活性化などの効果も報告されています。

センブリエキスが含まれる育毛剤は非常に多く、他の成分と一緒に含まれる育毛剤の基本成分と言ってもいいと思います。

グリチルリチン酸ジカリウム

甘草(かんぞう)と呼ばれる薬用の植物からとれる成分です。古代エジプトでも使われた記録がある4,000年以上昔から利用されてきた有用な植物になります。

このグリチルリチン酸ジカリウムは医薬品としても用いられることがありますが、育毛剤としては抗炎症作用が期待されています。ジフェンヒドラミンHClと同じですね。

「ブブカ」や「薬用ポリピュア」などの育毛剤に含まれる成分です。

イオウ

イオウは、毛穴に詰まった余分な皮脂を取り除いて、抜け毛を予防する作用があります。

頭皮が脂っぽい人はこのイオウ成分の入った育毛剤が有効です。皮脂を取り除く作用があるので、ニキビ予防などスキンケア製品にも入っている、頭皮にやさしい成分でもあります。

育毛サプリメントの「ハットアルファ」などに配合されている。

サリチル酸

サリチル酸は、複数の効果がある成分で、育毛剤やシャンプーに良く配合される成分です。主な効果は以下の通りです。

  • 殺菌作用
  • 雑菌の繁殖を防いで、頭皮や毛根のダメージを防ぎます。

  • 抗炎症作用
  • 頭皮の炎症を鎮めて、健康な頭皮を取り戻します。シャンプーや紫外線、細菌感染など、頭皮の炎症の原因はさまざまですが、サリチル酸はそういった炎症を抑え、頭皮を健康な状態に保ち、毛髪の健康を守ります。

  • 洗浄効果
  • 古くなった角質や油脂分などを溶かす働きがあります。頭皮がオイリーでべたつきやすい人は、サリチル酸の配合された育毛剤やシャンプーがお勧めです。スキンケア製品にも配合されている頭皮にも優しい成分ですので、安心して使っていただけます。

そのほかの成分

育毛剤にはそのほか様々な成分が含まれています。主成分以外にも、補助的な成分の種類は非常に多いのです。以下に目的別に含まれている成分を上げていきますね。

  • 保湿成分
  • ヒアルロン酸
    アロエエキス
    ヒオウギ抽出液
    イチョウ葉エキス
    ピロリドンカルボン酸ナトリウム
    サンザシエキス
    オトギリソウエキス

  • 血行促進成分
  • セファランチン
    トウガラシチンキ
    センキュウエキス
    クララエキス
    ハッカエキス
    ニコチン酸アミド

  • 消炎成分
  • アロエエキス
    ユーカリエキス

      

      

  • 栄養補給成分
  • 各種ビタミン
    ケラチン
    ヨウ化ニンニクエキス
    BCAA
    発酵エキス
    各種アミノ酸(グリシン、アラニン、セリン、バリン、イソロイシン、トレオニン、プロリン、ヒスチジン、フェニルアラニン、アルギニン、アスパラギン酸など)
    パントテニルエチルエーテル
    スレオニン
    オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)
    ワカメエキス
    亜鉛
    アセチルメチオニン
    イノシトール
    システィン
    セリン など

      

      

    抗脂漏成分(皮脂の過剰分泌を抑える)

    チオキソロン
    ビタミンB6(塩酸ピリドキシン)
    カシュウ
    オキナワモズクエキス(フダイコンエキス)
    ワカメエキス
    褐藻エキス
    海藻類エキス

        

    養毛剤――副作用の心配が低く使いやすい

    養毛剤は主に「化粧品」に分類される商品になります。

    養毛剤は、脱毛を抑えて、毛髪を保護する目的を持つ商品です。主に配合されている成分は、栄養成分や保湿成分、皮脂・フケを抑える成分などになります。

    発毛剤や育毛剤と違い、「発毛効果」や「育毛効果」を認められたものではなく、あくまで「脱毛予防」の効果になります。そのため、よく言えば、効き目が穏やかで最も手軽に利用できますが、悪く言えば劇的な効果は期待できないものです。

    養毛剤は、頭皮の環境を整えて、今ある髪の毛が抜け落ちてしまうことを防ぎ、髪を健康に保つ働きを期待するものになります。

    養毛剤の成分は育毛剤と同じようなものであることが多いです。ただし、育毛剤よりも効果をマイルドにし、より安全にしたものになっています。

    まとめ

    普段よく目にするけれど、違いが分かりにくい「発毛剤」「育毛剤」「養毛剤」の違い、理解できたでしょうか?

    とりあえず予防したい人は養毛剤、ある程度効果のある予防をしたい人は育毛剤、薄くなってきたのを改善したい人は発毛剤というのが基本的な使い方ではあります。

    特に育毛剤や養毛剤にはかなりたくさんの商品が出ており、どれがいいか迷ってしまうことも多いと思います。そんな時は、専門家であるドラッグストアの薬剤師さんに聞いて選んでみてもいいかもしれませんね。使い方のポイントやアドバイスを聞けることも多いので、恥ずかしがらずに聞いてみてくださいね。

    チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

    AGAで悩む方に人気!
    チャップアップ

    Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

    今だけ限定78%オフ!
    濃縮育毛剤 BUBKA

    満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

    M字専用育毛剤
    薬用プランテル

    M字を克服したユーザーからの支持率第一位!