ジェネリックの育毛剤とは?

ジェネリック医薬品とは、既存の薬品と同じ成分を使って作られた後発の薬のことです。育毛剤にもジェネリック医薬品はあります。

では、先に作られた育毛剤とどのように違うのでしょうか。効果や値段について検討してみます。

先発医薬品とジェネリックで効き目は違うのか?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と似たような成分で作られています。そのため、先発医薬品と同じような効果を期待することができるでしょう。

しかしまったく同じ効果だとは言い切れません。中に入っている成分は似ていても、配合比率が違っていたり、作り方が違ったりするため、効果や副作用に差が出るケースもあります。

たとえばプロペシアのジェネリックの場合、有効成分であるフィナステリドが含まれているのですが、含有量が少なければ効果も得られにくくなってしまいます。逆に含有量が多すぎると、副作用の危険もあります。

またジェネリック医薬品には日本で認定を受けていない、外国で作られたものもあります。それらの薬品は日本とは違う基準で審査されていますので、安全性において問題がある可能性も否定できません。

費用はどれくらい?

1つの薬品を作るには、多大な研究費用がかかっています。薬品を作り上げるための研究資材や人件費はもちろんですが、国の認可を得るためにも莫大な時間とお金がかかります。

薬品が販売される時には、そういった研究費や臨床試験にかかる費用がすべて価格に上乗せされてしまいます。ですから、薬の制作費よりもはるかに高額な値段で売られることになるのです。

しかしジェネリック医薬品の場合、開発費がいりません。そのため、先発医薬品よりもかなり割安で購入することが可能です。

ジェネリック医薬品を出しているメーカーは複数あり、それぞれによっても価格が異なります。前述の通り、同じ成分を使っていると言っても効果に差がありますので、値段だけで決めるのは危険性があるでしょう。

保険は適用外か?

ジェネリック医薬品は保険適用外になるのか、という疑問があるかもしれません。基本的に、ジェネリック医薬品でも保険は適用されます。

しかし育毛剤の場合は問題があります。そもそも薄毛の治療自体が、保険の適用されない自由診療なのです。病院で処方される育毛剤においても保険が適用されません。

先発医薬品でさえ保険が適用されないのですから、後発のジェネリック育毛剤も当然保険適用外となります。

残念ながら今の制度では、薄毛治療は余裕がある人がおこなう贅沢な医療行為だと判断されているのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!