育毛剤は若いうちから使っても大丈夫?若くして抜け毛が増える原因と対策!

 育毛剤の使用は薄毛対策の方法の一つで、今生えている髪の健康を保ってくれます。育毛剤はその種類によって効果が異なり、また効果の強さから使用できる年齢に制限がある商品もあります。

今回は、若い世代の方で育毛剤を使用している方あるいはこれから育毛剤を使ってみたいと思っている方に対して、育毛剤を若いうちから使っても良いのかということについて解説していきます。

若いうちに髪が薄くなる原因

 若年性脱毛症、いわゆる若ハゲに悩む方はは少なくありません。そこで、若いうちに髪が薄くなる原因についてまとめてみました。

男性ホルモンの影響

 思春期以降、第二次性徴といって身体はあらゆる変化を遂げます。その中でホルモンの分泌量の変化があります。テストステロンといわれる男性ホルモンの分泌量が思春期以降多くなります。テストステロンは、身体の毛を濃くする作用がありますが、頭頂部付近には逆の作用となってしまい、結果として薄毛を引き起こします。ホルモン分泌量は個人差があるため、必ずしも若ハゲに悩む方がこれに当てはまっているとは限りません。

ストレス

 10代や20代は自分のことや身のまわりの環境が大きく変化する時期にあります。友人や家族との関係、受験、進学、就職、初めての一人暮らしと心理面に影響を及ぼすことが多々あります。これらのことが原因でストレスが溜まることで、薄毛の原因となることがあります。

生活習慣の乱れ

 受験勉強による睡眠不足や友人との飲み会による食生活の乱れなど、若いうちは生活習慣が崩れてしまうことが何かと多いです。この生活習慣の乱れが薄毛の要因となることがあります。

育毛剤は若いうちから使うことができるのか?

 若いうちは薄毛の原因となりやすいことが以外と多いのです。「将来薄毛になりたくない!今から育毛剤を使わないと!」と思う方がいらっしゃることでしょう。では、育毛剤は若いうちから使うことができるのでしょうか?

 結論から申し上げると、育毛剤は若いうちから使うことができます。

 しかし、育毛剤の使用にあたっては注意することがあります。市販されている育毛剤や発毛剤は使用できる年齢に制限がある商品があるのです。

リアップ 大正製薬

リアップの画像  発毛促進の効果がある市販薬として有名なのが、リアップです。こちらは第1類医薬品に分類されており、壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防の効果あるとされています。リアップは使用できる年齢に制限があり、成人男性20歳以上となっています。よって20歳未満の男性は使用できません。
(参考URL http://www.taisho.co.jp/riup/riup/product/)

ハツモール内服錠




 ハツモール・内服錠は薬剤を飲んで発毛効果を得るタイプの医薬品です。こちらは第2類医薬品に分類されており、毛乳頭内部の血行を促進し、栄養障害を改善して体内から毛根部の障害を正常な状態によみがえらせることで発毛を促進する効果があるとされています。ハツモール・内服錠も使用できる年齢制限があり、15歳未満は内服できません。
(参考URL http://www.hatumoru.co.jp/drugstore/naifukujyo/naifuku3.html)

カロヤン プログレEX




 カロヤンプログレEXはリアップと同様に頭皮に薬剤を塗布して発毛効果を得る薬剤です。こちらは、第3類医薬品に分類されており、発毛促進、抜毛予防、ふけ、かゆみ等に効果があるとされています。これも使用できる年齢制限があり、成人15歳以上が使用することが可能です。
(参考URL http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/site_karoyan/products/progreex/)

医薬部外品に分類される育毛剤

 チャップアップや薬用ポリピュアEXなどの医薬部外品に分類されている育毛剤には使用の年齢制限がありません。このような育毛剤であれば10代でも使用することが可能です。

 このように、医薬品に分類されており、発毛を促進する育毛剤には年齢制限があります。上記の商品から15歳未満で使用できるものはありませんでした。

10代前半は思春期に入り、様々な身体の変化が生じる大切な時期であると同時に身体の機能はまだ成熟していません。そのため、医薬品の使用に制限があると考えることができます。

若いうちは生活習慣の見直しも必要

 それでも早いうちから将来の薄毛対策をしたいと考えている方もいらっしゃるでしょう。育毛剤を使用せずに薄毛の対策をする方法として、生活習慣の見直しが挙げられます。髪の健康を保つためには、「頭皮の血行促進が大切であること」、「きれいに洗髪し頭皮を清潔に保つこと」、「ストレス解消を心がけ、抗酸化作用のある栄養素を摂取すること」が大切であるといわれています(Modern Physician Vol.34 No.11 2014-11 頭髪のアンチエイジングー育毛を促進し、脱毛・加齢臭を防ぐには)。

頭皮の血行促進

 頭皮の血行促進のためには、運動をすることや入浴、頭皮マッサージが挙げられます。

正しい洗髪方法

 爪をたてて洗髪すると、頭皮を傷つけることがあります。ジャンプーをつける前には、お湯で洗い流し、シャンプーをつけた後は指の腹をつかって洗うようにしましょう。

ストレス解消

 趣味の時間をとる、自宅でリラックスする、友人や家族と話をするなど、自分にあったストレス解消法でストレスフリーな生活を心がけましょう。

抗酸化作用のある栄養素を摂取

 アボガド、バナナ、大豆、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜、ブルーベリーやイチゴなどに抗酸化作用があるとされています。

料理をするという方は抗酸化作用のある食品を取り入れ、料理をしないという人は抗酸化作用のある食品が含まれているお惣菜を買うことや、手軽に買って食べることができるフルーツを取り入れるのも工夫のひとつです。

 育毛剤は年齢によって使うことができる商品とできない商品があります。自分が使おうと考えている育毛剤の年齢制限を確認した上で、試してみましょう。

10代のうちは医薬品に分類されている育毛剤に年齢制限があることが多いですが、育毛剤を使う他にも生活習慣の見直すことで薄毛対策をすることができます。自分のあった育毛剤と薄毛対策を実行してしていきましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!