生え際のぺたんこをボリュームアップするには?

頭髪をセットしていると、生え際がぺたんこになってボリュームが減ってきたと感じる人もいるかもしれませんね。生まれつき生え際がぺたんこになりやすい人ならともかく、後天的に生え際がぺたんこになってきたとしたら、頭髪そのものが減っている可能性を考えなくてはなりません。生え際がぺたんこになる原因と、ボリュームアップの対策について説明していきましょう。

生え際がぺたんこになる原因とは?

後天的に生え際がぺたんこになる理由として考えられるのは、2つです。ひとつはAGA(男性型脱毛症)で、もうひとつは頭皮の血行不良です。

原因その1・AGA

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質によって頭髪の成長が阻害され、薄毛になってしまうというものです。DHTは頭部において、TGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βと、FGF(線維芽細胞増殖因子)の一種であるFGF-5という2つの成長因子の生成量を増やします。TGF-βは毛母細胞の分裂を抑制して頭髪の成長を妨げる働き、FGF-5は頭髪に「抜けろ」という命令を出して抜け毛を増やす働きがあります。この2つの成長因子によって毛根が活力を失い、ヘアサイクルが乱れて本来は抜ける時期になっていない頭髪が抜けるようになるのです。

AGAの特徴として、前頭部もしくは頭頂部から薄毛になっていくというものがあります。これはDHTを生成するために必要な5α-リダクターゼという酵素が関係しています。実はこの酵素は頭部にくまなく存在しているわけではなく、前頭部と頭頂部に偏って存在しているのです。このため、DHTが生成されやすい前頭部と頭頂部は薄毛になりやすく、逆にDHTがほとんど生成されない側頭部や頭頂部は薄毛になりにくくなっているというわけです。

原因その2・血行不良

実は前頭部は血管が少なく、血行不良の影響を受けやすい場所なのです。これが頭髪の成長不良を招く原因になっているのです。

頭髪の成長にはタンパク質をはじめとする栄養素と、毛母細胞分裂のエネルギー源である酸素が必要です。これらは頭皮で摂取するわけではなく、消化器や呼吸器などで取り入れられ、頭皮の運ばれてくるのです。そして、この運搬を担っているのが血液で、血行不良になると栄養素と酸素が不足し、頭髪の成長不良を招く原因となるのです。

AGAの治療薬のひとつにミノキシジルがありますが、これは頭皮に塗布することで血管を拡張し、血流を促進させるという効果があります。頭髪の成長にとって頭皮の血流は、それほど大事なものなのです。

いかにして生え際をボリュームアップするの?

生まれつきの髪質で生え際のボリュームがない場合は対処が難しいですが、後天的にボリュームがなくぺたんこになった場合は難しくありません。原因であるAGAと血行不良の対策を行えばいいのです。

1.AGA対策

AGAは内分泌系の疾患ですから、本格的な治療は医療機関の力が必要になります。生え際のボリュームが落ちてきたと思ったら、AGAクリニックをはじめとする医療機関の門を叩いてみるのもいいでしょう。

医療機関で行われているAGA治療の主流は、プロペシアとミノキシジルを使用するものです。プロペシアは5α-リダクターゼの働きを抑えてDHTの生成量を減らすことで、抜け毛を抑えるものです。ミノキシジルについては上で説明したように血行促進効果があり、これによって頭髪の成長を促します。

問題は、どちらの薬にも副作用があることです。プロペシアは性欲減退や精子減少、ミノキシジルは頭皮のかぶれや湿疹などです。実はどちらの薬剤も輸入代行業者を利用して個人で入手することが可能ですが、副作用を考えるとオススメできません。ちゃんとした医療機関に処方してもらいましょう。

2.血行不良対策

血行不良の原因としてはストレス、喫煙、運動不足などが考えられます。

まず、ストレスを恒常的に受けていると、自律神経のうち交感神経が常に活発な状態になっています。交感神経には末梢血管を収縮させて血流を悪化させる働きがあり、これが頭皮に起きると十分な栄養素と酸素が行き渡らなくなってしまうのです。もうひとつの自律神経である副交感神経を活発にするため、仕事中には適度に休みを取るなど、ストレス解消に努めましょう。

また、タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるため、血行悪化の原因になります。血行促進のためには禁煙が最も効果的なのですが、ヘビースモーカーの場合は禁煙によってストレスが生じてしまう可能性もあります。その場合は、少しずつタバコの量を減らしていき、最終的に禁煙にまで持ち込めるように努力していきましょう。

そして、運動不足は心肺機能の低下を招き、血流が悪化する原因となります。ウオーキングなど軽い運動を行うことで、心肺機能を高めていきましょう。激しい運動は男性ホルモンの分泌量を増やし、DHTの生成量の増加につながるためオススメできません。

後天的に生え際がぺたんこになった場合、AGAや血行不良への対策を行うことで、ボリュームを取り戻すことは可能です。もし前頭部のボリュームがなくなってきたなと思ったら、上記のような対策を取るようにしていきましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!