FAGAとは?

女性でもAGAは発症しますAGA(男性型脱毛症)はその名前から男性特有の病気だと思っている人もいるかもしれませんが、実は女性が発症することもあるのです。

女性の場合はFAGA(女性男性型脱毛症)という名称で呼ばれることもあります。これは、男性のAGAとは治療法に若干の違いがあるためです。なぜ女性がAGAを発症することがあるのか、男性のAGAとはどこが違うのかなどについて、説明していきましょう。

女性の体内にも男性ホルモンが存在している

意外と知られていないことなのですが、女性の体内でも男性ホルモンは分泌されているのです。量の方は男性の5~10%程度にすぎませんが、女性にとってもいろいろと重要な働きを持っているのです。

まず、骨の量を増やしてくれる働きがあります。女性の方が男性よりも骨粗鬆症になることが多いとされているのは、骨の量を増やす男性ホルモンが少ないからというのも理由のひとつです。

男性ホルモンによって骨の量を増やすことで、骨粗鬆症の発症を防ぐことができるのです。気分を高揚させ、冒険心を高めてくれる働きもあります。

最近は働く女性は珍しくなくなっていますが、仕事をする際には、この男性ホルモンの働きがプラスに出るケースが多いとされています。そして、ある意味最も重要な働きともいえるのですが、性欲を高めてくれる働きもあります。

性欲がなければ、当たり前のことですが子孫を残すことはできません。女性が男性ホルモンによって性欲を感じることで、種が保たれているといっても過言ではないのです。

最近では「肉食系」といわれる女性が増えているとされますが、仕事によるストレスなどが原因で男性ホルモンの分泌量は増加傾向にあるといわれており、もしかするとこれが影響しているのかもしれません。

女性ホルモンの分泌量減少がカギ女性の体内に男性ホルモンがあるということは、AGAの原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)も生成されているということを意味しています。

つまり、女性もAGAを発症する下地そのものはあるというわけです。ただ、女性の場合は男性と違い、若年層でAGAを発症するケースは極めて稀です。

これは、ある意味当たり前のことですが、若いころは卵巣の働きが活発なため、女性ホルモンの分泌量が極めて多いことが理由です。

女性ホルモンには頭髪の成長を促す効果があり、これがDHTの脱毛効果を抑え込んでしまうため、若年層でAGAを発症することがほとんどないのです。

ところが、更年期以降になってくると、卵巣の機能低下によって女性ホルモンの分泌量が低下してしまいます。女性ホルモンの量が少なくなることによって、DHTの働きを抑えることができなくなってしまいます。

これによってDHTの脱毛効果が発揮され、薄毛になってしまうというわけです。これがFAGAの発症メカニズムです。

実際、FAGAの患者はその大半が40代以上になっています。ちなみに、男性のAGAは前頭部もしくは頭頂部から薄毛になっていくという特徴がありますが、女性のAGAは頭髪全体が薄くなっていくという違いがあります。

また、男性の場合は進行すると側頭部以外は頭髪が生えなくなってしまいますが、女性の場合はそこまで症状が進行することはほとんどありません。

これは上にも書きましたように女性は男性ホルモンの分泌量が極めて少ないことが原因で、症状の方も男性と比較すると緩やかになるというわけです。

男性のAGAとの治療法の違いとは?

FAGAの治療において、ひとつだけ気をつけてほしいことがあります。それは、一般的なAGAクリニックではなく、女性用のAGAクリニックを受診すべきだということです。

これは、AGAの治療薬のひとつであるフィナステリドは、女性に処方できないという相違点があるためです。

男性ホルモンからDHTが生成されるためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になります。フィナステリドはこの酵素の働きを抑えることで、DHTの生成を減らすというわけです。

処方された患者のうち、AGAが悪化した人は2%しかいなかったという臨床試験のデータが示すように効果は高く、男性のAGA治療においては最優先で処方される薬剤となっています。

ところが、妊婦がフィナステリドを服用すると、お腹の中の赤ちゃんが男の子の場合、生殖機能に先天性異常が起きるリスクが指摘されています。

DHTは体を筋肉質にするなど、男性らしい体づくりのためにはなくてはならないものでもあります。フィナステリドが胎盤を通じて赤ちゃんに影響を与えてしまうことで、男性らしさが失われるというわけで、現時点ではフィナステリドは女性への投与は認められていません。

つまり、最も重要な治療薬が使用できなくなっているというわけです。最近ではパントガールをはじめ、FAGAによる抜け毛を抑える新薬が開発されていますが、FAGA用の薬剤についての知識は男性向けのAGAクリニックは必ずしも豊富とはいえませんし、処方についてのノウハウも十分とはいえません。

FAGAの治療法が男性のAGAとは大きく違っている以上、女性専用のAGAクリニックで治療を受ける方が、より安心できるのではないでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!