育毛剤のエタノールは頭皮に良くない?どんな効果があるのか解説!

国内海外を問わず、殆どの育毛剤にはエタノールをはじめとしたアルコールが含まれています。このようなアルコールは、頭皮にどのような影響をもたらすのでしょうか。

エタノールとは?

アルコールにはさまざまな種類がありますが、エタノールはその中の1つです。飲料としてだけでなく、医薬品や燃料などいろいろな用途に使われています。

エタノールのデメリット

エタノールは「アレルギー」「刺激」「乾燥」などの点で、育毛に悪影響を及ぼす危険性があります。

アレルギー

エタノールはアルコールの一種ですので、アルコールに対するアレルギーを持っている人はアレルギー症状を発症してしまう可能性があります。

お酒を飲んだ時に体が痒くなったり腹痛や下痢を起こす人は、アルコールアレルギーを持っている恐れがあります。そのような場合は、エタノールが入った育毛剤を使う前にパッチテストを行うなど、事前に調べておいたほうが良いでしょう。

またアルコールアレルギーが無いという人でも安心はできません。アルコールアレルギーは、突然に発症する可能性があるからです。育毛剤を使った後に痒みなどの症状が出たら、アルコールアレルギーでないか一度確認してみたほうが良いでしょう。

刺激

アルコールは刺激の強い成分です。そのためアルコールアレルギーが無い人でも、頭皮がかぶれたり腫れたりする可能性があります。特に敏感肌など肌が弱い人が使用すると、さまざまな問題が発生する危険性が高くなってきます。

乾燥

アルコールは揮発性が高いという特徴を持ちます。そしてエタノールは気化する時にまわりの水分を奪っていきます。そのため、エタノール入りの育毛剤を塗ると、頭皮の水分が気化し乾燥してしまいます。

化粧品などは保湿効果を売りにしている物が多くありますが、頭皮にとっても保湿は重要です。頭皮が乾燥すると、バリア機能が低下してさまざまなトラブルが起きやすくなります。頭皮環境が悪くなれば、当然育毛にも悪い影響がもたらされます。

またアルコールには、皮脂を溶かすという作用があります。皮脂が溶かされると、水分の保持力が弱まり、よけいに乾燥が進んでしまう可能性があります。

エタノールのメリット

上記のようにエタノールにはデメリットがあります。しかしほとんどの育毛剤には、エタノールを始めとしたアルコールが含まれているのが現状です。デメリットしかない成分がわざわざ使われるわけはありませんので、もちろんエタノールにはメリットもあります。

殺菌作用

エタノールには雑菌の繁殖を抑える作用があります。

この働きは、まず育毛剤の品質を保つ役に立ちます。空気中など、あらゆる場所に雑菌はあるため、開封した育毛剤はすぐに劣化してしまう危険性があります。しかしエタノールを配合すれば、その殺菌作用で育毛剤の品質を保つことが可能です。

育毛剤の状態を保つためには、いずれにせよなんらかの雑菌を抑える成分は必要です。エタノールを入れない場合は、パラベンなどの防腐剤が入っていることが多いでしょう。防腐剤にはそれぞれ問題点がありますので、エタノールによる殺菌の方が悪影響が少ない可能性があります。

また殺菌作用は頭皮にも良い影響をあたえてくれます。育毛剤を塗ると、エタノールが雑菌を殺して頭皮の清潔さを向上させてくれます。不潔な頭皮は薄毛の原因の1つになりえますから、それを防げるのは大きなメリットでしょう。

育毛効果を高める

エタノールには、頭皮の血管を拡張して血行を良くする働きがあるとされています。頭皮の血行を良くして栄養と酸素を回せば、髪の成長が期待できます。

またデメリットに書いた皮脂を溶かす働きには、メリットもあります。皮脂を溶かすことで、育毛剤の成分が頭皮に浸透する手助けをしてくれます。有効成分の浸透率が、育毛剤の効果に大きく関わってきますので、こちらも大きな利益となります。

育毛成分をまぜる

育毛剤にはさまざまな成分が含まれています。製品によっては、数十種類もの有効成分が含まれているものまであります。そのような有効成分の中には、普通の水にはうまく溶けないようなものもあります。

エタノールを入れることにより、さまざまな有効成分を溶かし込み、うまく育毛剤として完成させることができるようになるわけです。

使用感を高める

エタノールが入っている育毛剤を使うと、頭皮がスッとして爽やかな感覚を得ることができます。良い気分で使うことができるというのが、エタノールの利点のひとつです。

一見、使い心地良くなるだけなんて無意味に思えるかもしれませんが、必ずしもそうではありません。育毛剤は使ってすぐに効果が見込めるものではなく、ある程度の長期間使用してだんだんと育毛していくものだからです。

育毛剤の働きを活かすには、日々の継続が必要なわけです。そうなると育毛剤の使用感も重要なファクターとなってきます。たとえばベタベタぬるぬると不快な使用感だったとしたら、ずっと続けようという気になれなくなってしまうかもしれません。

結局エタノールはどうなの?

エタノールには、メリットもデメリットもあります。ですから、よく見かける「絶対にエタノールフリーの育毛剤にしないといけない」というのは極端な意見だと思われます。

たしかに敏感肌の人などでは問題が起こることもありえますが、普通の人ならそれほど心配するような悪影響は起こらないでしょう。育毛剤の多くは、医薬品や医薬部外品に指定されているわけで、ちゃんと厚生労働省の認可を受けているものです。心配しすぎる必要はありません。

現実的には、ほとんどの育毛剤にエタノールが含まれていますので、エタノールフリーの物を選ぶとなると、選択肢が非常に狭まってしまいます。育毛剤の効果には個人差もありますので、少ない選択肢から選ぶと、自分に合ったものを利用できる可能性が低くなってしまうでしょう。

ただし、パッチテストなどで影響が出るとわかった場合や、じっさいに痒みなどの症状が出てしまった場合は別です。すぐに利用を中止するべきでしょう。育毛剤は高価な製品なのでもったいないのですが、体に合わないものを使っても良い効果は期待できません。

また育毛剤の中には、清涼感を重視して必要以上にアルコール濃度を高めている物もあります。中には成分の7割以上がアルコールなどというものもあり、そうしたものは、さすがに避けておいた方が無難かもしれません。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!