デュタスがM字はげに効く!?

M字はげの原因はAGA(男性型脱毛症)で、その治療薬として医療機関ではプロペシアなどが処方されています。ただ、AGA治療の世界も日進月歩で、次々に新しい治療薬が開発されています。

その中のひとつが「デュタス」で、プロペシアよりもAGAへの効果が高い成分を含んでいるとされています。デュタスにはどのような働きがあるのか、M字はげには効果があるのかなどについて調べてみました。

なぜAGAによってM字はげになるの?

デュタスについての説明の前に、なぜAGAはM字はげの原因になるのかについて知っておきましょう。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)という男性ホルモン由来物質が原因で起きるものです。

DHTによって頭髪の成長期が短縮されてしまい、これによって十分に成長していない頭髪が抜けるようになるため、薄毛が進行してしまうというわけです。

男性ホルモンからDHTが生成されるためには5α-リダクターゼという酵素の働きが必要になりますが、5α-リダクターゼは、頭部に満遍なく分布しているというわけではありません。前頭部と頭頂部に偏っている、側頭部や後頭部にはほとんどありません。

DHTは前頭部と頭頂部では盛んに生成されますが、側頭部や後頭部ではほとんど生成されないのです。

AGAは前頭部の生え際が次第に後退していくM字はげか、頭頂部の薄毛が徐々に広がっていくカッパはげのどちらかになります。

これは、DHTの生成の盛んな部位から薄毛が進行していくためで、これがAGA=M字はげというイメージの原因なのです。

ちなみにAGAが進行すると毛根が死滅し、前頭部と頭頂部は頭髪が生えなくなってしまいますが、側頭部や後頭部はしぶとく頭髪が残り続けます。

サザエさんの波平さんを思い浮かべてもらえれば、分かりやすいのではないでしょうか。

デュタスとプロペシアの違いは?

プロペシアの画像 デュタスとプロペシアは、いずれもこの5α-リダクターゼの働きを抑え、DHTの生成を減らすものです。

ただ、この2つは有効成分が違っています。プロペシアはフィナステリドであるのに対し、デュタスはデュタステリドです。この2つ、どのような違いがあるのでしょうか。

まず、どちらも前立腺肥大症の治療薬として開発されたという点は同じです。

DHTの生成を抑えるために酵素の働きを阻害するという効果も同じです。ただ、抑える酵素の種類が違っているのです。
5α-リダクターゼにはⅠ型とⅡ型の2種類があります。

フィナステリドが抑えるのはⅡ型のみなのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を抑えるのです。

AGAの発症に関係があるのはⅡ型のみとされていましたが、デュタステリドによって両方を抑えることで脱毛抑止効果が3割アップしたとしています。

では、なぜこれほどの薬があまり知られていなかったのでしょうか。それは、デュタステリドを主成分とする薬がAGAの治療薬として承認されていなかったためです。

昨年9月にデュタステリドを主成分とするザガーロがAGA治療薬として認可されたため、注目を集めるようになったというわけです。

デュタスはこのザガーロのジェネリックのひとつで、輸入代行業者を通じて購入が可能です。

ザガーロを医療機関で処方してもらうと30錠で1万円前後かかりますが、デュタスならば300錠入りで1万3000円程度と、かなりリーズナブルになっています。
もちろんザガーロと有効成分が同じですから、AGAへの効果も似たようなものだと考えていいでしょう。

AGAに効果があるということは、M字はげに有効だということとイコールですし、プロペシアよりも高い効果を期待して良さそうです。

副作用はどうなの?

問題は、副作用の有無です。

プロペシアにED(勃起障害)や精子減少などの副作用があることは広く知られていますが、デュタスの場合はどうなのでしょうか。

これについては、同じデュタステリドを主成分とするザガーロの添付文書に詳細が書かれています。

それによると、ザガーロによる副作用の発現率は17.1%で、プロペシアの4.0%より高くなっています。効果が高い分、副作用の発現率も高くなっているというわけで、プロペシア以上にリスクの高い薬だといえます。

副作用の症状は性欲減退やED、精子濃度の減少など、プロペシアに似ています。女性への処方が認められていないのも同じです。

そして一番の問題点は、耐性があるとみられていることです。これは薬を長期にわたって服用することで、効果が落ちてしまうというものです。

AGAの治療薬は服用をやめるとDHTの生成量が元通りになり「元の木阿弥」となってしまいます。耐性があるということは長期投与に向いていないということで、効果は高くてもプロペシア以上に問題を抱えた薬だといっていいでしょう。

デュタスはM字はげへの効果についてはプロペシアを上回ることが予想されますが、服用のリスクもプロペシアよりも高いようです。購入する際には、副作用のリスクが高いことを考慮したうえで、判断するようにした方がいいでしょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!