生え際の産毛が無くなる?何とか太く育てたい!

薄毛になる場合、初期症状があります。生え際の髪がどんどん細く短く産毛のようになってしまい、さらにその産毛すら抜け落ちていってしまいます。

産毛が無くなる原因を知って、対策を立ててみましょう。

生え際の太い毛がなくなって産毛化していく原因は?

生え際の髪が産毛化してしまう原因は、男性ホルモンにあると考えられています。

睾丸で生成された男性ホルモンは、5αリダクターゼによって「悪玉男性ホルモン(DHT)」に変化してしまいます。悪玉男性ホルモンは、頭髪の体毛化を促します。もともと男性ホルモンには、体を毛深くするという働きがあるのです。

男性ホルモンは毛深くする働きがあるのに、どうして薄毛の原因になるのかと疑問に思うかもしれません。問題は毛の成長サイクルの違いにあります。

健康な髪は2~6年という長い時間をかけて成長していきます。それに対して、体毛は数ヶ月で成長しきり、抜けていってしまいます。

そのため悪玉男性ホルモンが増えると、髪の成長期が短くなります。そうして髪が細く短い産毛になってしまうのです。

産毛を太くする方法は?

悪玉男性ホルモンは、毛母細胞に働きかけて髪の成長を阻害しています。ですから、産毛を太くするには、この毛母細胞への影響を少なくすることが重要です。

しかし産毛があるということは、毛根がしっかりと生きているということです。よってしかるべき対処をすれば、元に戻る可能性は十分にあります。

ただし生え際は、悪玉男性ホルモンの影響を強く受ける部分ですので、産毛を太くするのは簡単なことではありません。

育毛シャンプーを使ったり、マッサージをする方法もありますが、育毛剤を利用するのがもっとも簡単で効果も期待できるでしょう。

プロペシア

プロペシアは、AGA治療薬と正式に認定されている医薬品です。アメリカで開発され、日本でも臨床試験に合格し販売されています。

男性ホルモンは、5αリダクターゼによって悪玉男性ホルモンになると書きました。ということはこの機能の邪魔をすれば、悪玉男性ホルモンの発生を抑えられるということです。

プロペシアに含まれている「フィナステリド」という成分は、「5αリダクターゼ阻害薬」と呼ばれています。

5αリダクターゼには、皮脂腺にある1型と、毛乳頭にある2型があります。薄毛の原因となっているのは、2型5αリダクターゼとなります。

フィナステリドは、この2型5αリダクターゼの発生を抑えてくれます。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!