育毛剤、養毛剤、発毛剤の違いとは

育毛剤と養毛剤、発毛剤が薄毛対策の薬剤であることは知っていても、この3つの違いとなると知らないという人が多いのではないでしょうか。3つの薬剤の特徴と、どのような人にとってオススメなのかについて説明していきましょう。

育毛剤とはどういうものなのか?

まず、育毛剤は「医薬部外品」に当たります。医薬部外品とは、薄毛に対して一定の効果があると厚生労働省が認めているものです。ただ、その効果は後述する医薬品と比較すると劣るとされています。

医薬部外品は治療というよりも、どちらかといえば防止・衛生を主眼としているものです。このため、育毛剤は現在生えている頭髪を太くしたり、頭皮の状態を良化させたりすることで薄毛を改善することが主眼となっています。

ちなみに、効果に「発毛促進」「薄毛・脱毛の予防」と書くことはできても「発毛効果がある」はダメです。「発毛効果がある」と書くと、医薬部外品ではなく医薬品になるためです。

育毛剤の使用をオススメできるのは、ある程度薄毛が進行していているケースです。

AGA(男性型脱毛症)などによって薄毛が目立ってきているが、AGAクリニックをはじめとする医療機関を受診するほど進行してはいないというレベルです。効き目は医薬品ほどではありませんが、副作用がないという大きなメリットがあります。

薄毛の進行がそこそこならば、あえて副作用のある医薬品を使用する必要はありませんので、育毛剤の使用がオススメになってくるのです。

逆にオススメできないのは、薄毛の可能性があるというだけで全くといっていいほど進行していないケースや、薄毛がかなり進行しているケースです。

育毛剤は決して安いものではありませんので、将来的に薄毛になる可能性があるというだけでは過剰な投資となってしまいます。また、薄毛がかなり進行している場合は医薬部外品レベルでは効果がなく、医薬品である発毛剤が必要になってくるためです。

養毛剤とはどういうものなのか?

次に養毛剤ですが、こちらは「化粧品」に当たります。医薬品や医薬部外品と違って厚労省の認可は必要ありません。

ただ、医薬品や医薬部外品に含まれている成分の中には化粧品には使用してはいけないものがありますので、そうした成分が含まれているいわゆる「薬用化粧品」は医薬部外品の扱いになっているケースがほとんどです。

こうしたことからも分かるように、養毛剤は「頭皮の炎症を抑える」などの効能についてはパッケージに記載できないようになっており、効果についても医薬部外品と比較してマイルドだといっていいでしょう。

そして、効果の方も頭髪の成長に直接働きかけるものではありません。頭皮の皮脂の分泌量を抑えたり、頭皮の保湿力を高めてフケを減らしたりすることで、抜け毛を防ぐことが主眼になっています。

養毛剤の使用がオススメなのは、将来的に薄毛の可能性があるものの、現時点ではまだ症状が出ていないケースです。あくまでも薄毛を予防するための頭皮ケアに使用するのが養毛剤なのです。

逆にオススメできないのは、大なり小なり薄毛が進行してしまっているケースです。もともと頭髪の成長に働きかける力を持っていませんので、薄毛そのものを克服することはまず不可能だからです。

発毛剤とはどういうものなのか?

そして発毛剤ですが、これは「医薬品」です。

AGAクリニックをはじめとする医療機関で処方されているフィナステリドやミノキシジルなどがこれに当たりますが、市販品でミノキシジルが配合されている大正製薬のリアップも医薬品に分類されています。発毛剤の特徴は、効果が高いことです。

ミノキシジル配合育毛剤「リアップ」を徹底解剖!

2016.09.23
例えばフィナステリドの場合、投与した患者のうちAGAが進行してしまったという人は2%にすぎません。それ以外は何らかの効果を発揮しているか、最悪でも現状維持できているというわけです。これほどの効果は、育毛剤や育毛サプリでは得られません。

これだけ高い効果があるためか、副作用が確認されているのがデメリットでしょう。

フィナステリドの画像
ミノキシジルの画像
フィナステリドにはED(勃起障害)や精子減少、ミノキシジルには頭皮のかぶれや湿疹が確認されています。

特にEDは若年層にとってはAGA以上に深刻な悩みとなりかねませんし、精子減少は不妊症につながってしまいます。

また、一部医療機関で処方されているミノキシジルタブレットは外用薬よりも効果は高いですが、血圧異常によって命にかかわる状態になった臨床例が報告されています。

こうした副作用があるため、オススメできるのは薄毛がかなり進行しているが、毛根がかろうじて生きているというケースです。将来薄毛になる可能性があるとか、ちょっと薄くなってきたというレベルでは、こうしたリスクに見合わないからです。

また、毛根が死滅している場合はフィナステリドやミノキシジルどころか、最新の治療法であるHARG療法ですら効果はなく、植毛に望みをかけるしかないためです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!