ダイエットが抜け毛の原因になるって本当なの?

スリムな体になりたいという願いは女性共通の悩みといっていいでしょうし、そのためにダイエットを行っている人も多いでしょう。ただ、そのダイエットが抜け毛の原因となってしまうケースがあるのはご存知でしょうか。

なぜダイエットによって薄毛になってしまうのか、解決するためにはどうすればよいのかなどについて、説明していきましょう。

抜け毛の原因は「過剰なダイエット」

まず知っておいてほしいのは、ダイエットそのものは必ずしも抜け毛の原因にはならないということです。肥満傾向の人にとっては、ダイエットは薄毛対策にすらなるのです。

理由は、ダイエットによって体内の脂肪分を減少させることで、皮脂の分泌量を減らせるためです。

頭皮は体の中で最も皮脂の分泌量が多い部位なので、脂っこいものの食べ過ぎなどちょっとしたことで皮脂過剰になってしまいます。

皮脂が多くなりすぎると毛穴に詰まってしまい、頭髪の成長が阻害されて薄毛の原因となります。また、皮脂が詰まった毛穴にマラセチア菌などが感染すると炎症の原因となり、悪化すると脂漏性脱毛症を招いてしまうケースすらあるのです。

ダイエットによって皮脂の分泌量を減らせば、こうした問題を防げるというわけです。

ただ、これはあくまでも適度なダイエットの場合です。運動をはじめ、何でもやりすぎは体に良くないものですし、ダイエットもその例外ではありません。

過剰なダイエットはかえって体に負担をかけ、抜け毛を増やす原因になってしまうのです。

過剰なダイエットが抜け毛を増やす原因は?

では、なぜ過剰なダイエットは抜け毛を増やしてしまうのでしょうか。

原因としては頭髪に必要な栄養が不足していることと、ストレスが過剰になっていることが考えられます。

1.頭髪の栄養不足

頭髪はケラチンというタンパク質で作られていますが、このケラチン食べ物から摂取することができず、体内のアミノ酸から合成するしかありません。

ところが、ケラチンを合成するための栄養素が不足していると、頭髪の成長が阻害されてしまいます。ケラチンが足りない以上、頭髪も伸びようがないというわけです。こうなると頭髪が十分に成長する前に抜けるようになり、抜け毛が増えてしまうのです。

ちなみに過剰なダイエットによって栄養不足に陥ってしまった場合、栄養は生命維持のために使用されるのが優先となり、頭髪の分は「後回し」になってしまいます。

頭髪が全くなくなってしまっても、生命維持には何の問題もないためです

2.ストレス過剰

過剰なダイエットはストレスの原因となり、自律神経のうち交感神経の働きを優勢にしてしまいます。

交感神経が活発になることで末梢血管が収縮し、血流が悪くなるという問題が生じます。これによって、毛根に十分な血液が行き渡らなくなってしまうためです。

過剰なダイエットを行っている場合、そうでなくても頭髪の栄養分は不足しています。

これが血行の悪化によってさらに足りなくなってしまい、頭髪の成長が輪をかけて阻害され、抜け毛が増えるのです。

頭髪のために摂取すべき栄養素は何があるの?

過剰なダイエットによる抜け毛の増加の対策は2つです。

頭髪に必要な栄養分を摂取することと、ストレスを解消することです。では、抜け毛を増やさないために摂取すべき栄養素には、どのようなものがあるのでしょうか。

具体的にはシスチン、亜鉛、ビタミンB2、B6です。それぞれ、どのような働きを持っているのでしょうか。

1.シスチン

上記のように、頭髪を作るタンパク質であるケラチンは、体内のアミノ酸から合成する必要があります。つまり、この18種類が含まれているものを積極的に摂取すれば、ケラチンの生成が促されるのです。

18種類のアミノ酸にはグルタミン酸やアルギニンなどがありますが、最も多いのがシスチンというもので、ケラチンのうち17.2%を占めているのです。つまり、ケラチンの生成量を増やしたければシスチンの摂取量を増やすのが最も効果的だということになります。

アミノ酸の元となるタンパク質は肉類や魚介類に多く含まれているというイメージがありますが、シスチンは大豆製品やカシューナッツ、小豆など、穀物や豆類に多く含まれているのが特徴です。

2.亜鉛

ただ、シスチンをはじめとするアミノ酸を摂取するだけでは不十分です。なぜなら、ケラチンの生成過程で亜鉛が必要になってくるためです。

もし亜鉛が不足しているとケラチンが生成されず、せっかく摂取したアミノ酸が「宝の持ち腐れ」になってしまいます。
亜鉛が多く含まれているのは牡蠣やビーフジャーキーなどですが、吸収率が良くないという問題点があります。

サプリメントなどを補助的に使用してみるのもいいかもしれません。

3.ビタミンB2、B6

ケラチンが十分に生成されるようになっても、毛母細胞が活発に分裂してくれなければ頭髪は伸びません。

毛母細胞を活性化させる働きを持っているのがビタミンB2とB6です。この2つの栄養素によって毛母細胞が活性化されることで、ケラチンが生かせるようになるのです。
ビタミンB2はレバーや焼き海苔、ビタミンB6はニンニクやマグロなどに多く含まれています。

ダイエットしたい気持ちは理解できますが、スリムな体と引き換えに頭髪を失ってしまっては意味がありません。せめて頭髪に必要な栄養分だけでも、積極的に摂取するようにしたいものですね。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!