髪をカラーリングするとハゲる?

現在ではカラーリングが一般に浸透しています。若者にとってはオシャレに必要な要素の1つだと言っても良いでしょう。カラーリングは壮年層とも無縁ではありません。白髪染めでお世話になる人が多くなっているためです。

さてこれらのカラーリングは、髪にどんな影響を与えるのでしょうか。カラーリングをするとハゲるという噂も流れていますが、じっさいのところはどうなのでしょう。

カラーリングは薄毛の原因になる

結論から述べると、カラーリングは薄毛の原因になり得ます。ただし、カラーリングをしたら必ずハゲるとか、すぐに髪が抜けるとか、そういった強い影響はありません。またカラーリングのやり方によっても、だいぶ影響が変わってきます。

カラーリングとは、薬剤によってむりやり髪の色を変える技術です。当然、髪に大きなダメージを与えてしまいます。しかし育毛に大事なのは今生えている髪ではなく、毛を生やす機能を持った毛根なので、髪が痛むこと自体にはそれほど問題はありません。

しかしカラーリングするときに、液剤が頭皮についてしまえば話は別です。カラーリングの薬剤は強い効果を持つため、頭皮に強烈な刺激を与えてしまいます。結果、頭皮に炎症が起きたり、毛穴が詰まったりして、薄毛の原因になってしまうのです。

薬剤が完全に髪にだけつくのなら良いのですが、現実的には難しいところです。どうしても多少は頭皮にも付着してしまいます。カラーリングが絶対に駄目というわけではありませんが、薄毛治療をしているときは控えたほうが良い結果になりやすいでしょう。

また、カラーリングは髪を痛めつけるため、髪が細くなったり、切れやすくなったりすることがあります。そうなれば、実質的に髪の量が減ってしまうわけで、外見上は薄毛が進行したように見えてしまいます。

いくら毛根には関係ないと言っても、見た目上髪のボリュームが減ってしまったら問題です。このような観点からも、薄毛が気になるならカラーリングは避けた方が良いと考えられます。

自己免疫疾患

カラーリングは、それほど薄毛に影響を与えるわけではありません。しかし自己免疫疾患を患っている人は例外です。自己免疫疾患の場合、薬剤が頭皮についてしまった時に、体が過剰反応を起こしてしまうことがあります。

薬剤がついた毛根を外敵だと判断して、体の免疫機構が攻撃してしまい、髪が抜けてしまうということが起こるのです。自己免疫疾患なら、カラーリングはやめておきましょう。

カラーリングの種類

一口にカラーリングと呼んできましたが、種類がいくつかあり、それぞれ効果が違います。髪に与える影響と、おのおのの問題点について見ていきましょう。

ヘアブリーチ

ヘアブリーチの場合、まず薬剤が髪の外側を守るキューティクルをこじ開けます。そして髪の内部に侵入した薬剤が、メラニンを分解して髪を明るい色に変えていきます。

ヘアブリーチは、正確には染めるのではなく、脱色です。

ヘアブリーチでは、他の方法ではできないような明るく綺麗な色に髪を染めることができます。

しかしヘアブリーチの刺激は強く、髪に与えるダメージは大きなものとなります。頭皮についてしまうと、痛みを感じることもあるほどです。

ヘアカラー

ヘアブリーチの場合と同じく、ヘアカラーでも薬剤がキューティクルをこじ開けます。髪内部に侵入した薬剤はメラニンを分解し、染料で色を付けていきます。

ヘアカラーは髪の内部から色を付けますので、効果が長持ちし、髪がキレイに染まるというメリットがあります。美容室でやっているようなカラーリングは、ほとんどがこのヘアカラーです。

ヘアカラーは効果が強い分、髪に与えるダメージも大きいカラーリング法です。また頭皮についた場合の影響も大きく、抜け毛の原因にもなりかねません。

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアの場合、薬剤は髪の内部には入りません。髪の表面に張り付いて色を変えるだけです。そのため上記2つのカラーリングよりも、髪に与える影響が小さいやり方だと言えるでしょう。

しかし表面に張り付いているだけですので、薬剤が徐々に剥がれていってしまいます。そのときにキューティクルまでいっしょに剥がれてしまうことがあり、髪に悪影響を与えます。

ヘアマニキュアは刺激の少ないカラーリング方法ですが、効果も小さくなります。見た目も少し色がついた程度で大きくは変わらず、しかも1ヶ月もすると元に戻ってしまいます。

ヘナ

ヘナは中央アジアで昔から使われてきたカラーリング法です。ヘナの葉を粉末状など、使いやすくしたもので、髪をオレンジ色に染めることができます。

自然の素材なので、刺激が少ないというメリットがありますが、人によっては体に合わない場合もあります。またカラーリング効果も弱く、白髪染めには良いのですが、黒髪を染めることは難しくなっています。さらにほかのカラーリングと違って、染めるのに時間がかかってしまうという特徴もあります。

薄毛にならないカラーリング方法

誤った方法を取らなければ、カラーリングによる薄毛リスクはそう大きなものではありません。オシャレに気を使うなら、いくつかの点に注意してカラーリングを楽しみましょう。

専門家に任せる

最近では、自宅で髪を染められるヘアカラーを店で買うことができます。お値段も手頃で、気軽にセルフカラーをやることが可能です。しかし薄毛を気にするなら、セルフカラーはやめておきましょう。

セルフカラーの場合、薬剤を髪にだけ付けるというのは非常に困難です。かなりの量の薬剤が頭皮にも付着してしまうでしょう。このような事を避けるためにも、費用が高くなっても美容室でヘアカラーをすることをお勧めします。

専門の美容師なら、頭皮に薬剤が付かないように作業してくれるでしょう。また、薬剤の強さを使い分け、頭皮に近い部分は弱い薬剤を使用する、などということも可能です。美容師なら100%確実とまでは言えませんが、自分でやるよりはずっとリスクが抑えられます。

連続でやらない

カラーリングは、短い期間で何回もやらず、ある程度の時間を置いてやるようにしましょう。連続でおこなうと、それだけ頭皮と髪への負担が大きくなってしまいます。ヘアカラーなら、二ヶ月程度の間は開けたほうが良いと言われています。

ヘアケアを怠らない

カラーリングをした後に、トリートメントなどできちんと髪の状態を保つようにすることが重要です。髪が弱っているのですから、ふだんより気をつけてケアする必要があります。また頭皮に薬剤が残ったりしないよう、しっかりと頭を洗うことも大切です。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!