コラーゲンの減少が薄毛の原因!?

薄毛の原因としてはAGA(男性型脱毛症)が有名ですが、それ以外にもいろいろな原因があります。

栄養不足や頭皮の炎症、自己免疫性疾患である円形脱毛症なども薄毛の原因です。そして、今年になって衝撃的な研究結果が発表されたのです。体内のコラーゲンが減少すると、薄毛になってしまうというものです。

なぜコラーゲンの減少が薄毛を招いてしまうのか、コラーゲンの減少を抑えるためにはどのようにすればいいのかなどについて、説明していきましょう。

老化によってコラーゲン生成量は減少する

コラーゲンは人間の皮膚を形成する重要な成分のひとつですが、基本的に体内で生成されるようになっています。

真皮の中には線維芽細胞と呼ばれるものがありますが、ここでコラーゲンやヒアルロン酸などが生成されているのです。
若いころは線維芽細胞の働きが活溌ですから、コラーゲンは盛んに生成されています。

ただ、線維芽細胞もいつまでも若いわけではありませんので、いずれは加齢によって衰えてしまいます。

特に問題となってくるのは、活性酸素の存在です。

活性酸素は病原菌などを退治して免疫力を高める働きがあり、体にとってなくてはならないものなのですが、増えすぎると正常な細胞まで傷つけてしまうという問題点があります。

活性酸素によって傷つけられた細胞は劣化し、いろいろな悪影響をもたらすようになってしまうのです。老化をもたらす原因のひとつといっていいでしょう。

この活性酸素が傷つけてしまうのは、線維芽細胞も例外ではありません。

活性酸素の傷つけると働きが低下してしまい、コラーゲンの生成量が減少してしまうのです。年齢を重ねるに従って活性酸素によって傷ついた線維芽細胞が増えていき、徐々にコラーゲンの生成量は低下していくというわけです。

実際、40代のコラーゲン生成量は、20代の半分程度にまで低下していることが分かっています。

コラーゲン減少は毛包幹細胞に悪影響を与える

東京医科歯科大学の研究によると、このコラーゲン減少が頭髪に悪影響を与えてしまうといいます。

なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

頭皮をはじめとする皮膚には毛包という器官があり、頭髪の成長を司っています。この毛包がうまく働かなくなると、頭髪の成長は抑制され、薄毛の原因となってしまいます。

コラーゲンの生成量が減少すると、この毛包が次第に小さくなってしまうことが確認されています。これは、頭髪を生やす働きが徐々に弱くなっていることにほかなりません。

また、頭髪の元となる毛包幹細胞は、コラーゲンによって保護されています。

老化によってコラーゲンの生成量が減少すると、毛包幹細胞を守るものがなくなってしまいます。また、毛包幹細胞は頭髪を生成する際に傷ついてしまうという問題点があります。

若いころは新陳代謝によってカバーしていましたが、年を取ると酵素の力を借りないと毛包幹細胞が修復できなくなります。この酵素はコラーゲンを消費するため、ますます毛包幹細胞を守るものがなくなり、やがて頭皮の表面に押し出されて死滅してしまいます。

こうなると、もう頭髪が生えてくることはありません。

このような薄毛を、老人性脱毛症といいます。AGAとは原因が異なっていますので、注意が必要です。

コラーゲン減少を抑える方法とは?

では、どのようにすればコラーゲンの生成量減少を抑えることができるのでしょうか。そのためには、以下の2つの方法があります。

1.頭皮に紫外線が当たらないようにする

活性酸素には線維芽細胞を傷つけ、コラーゲンの生成量を招く働きがあると上で書きましたが、この活性酸素を増やしてしまう原因のひとつが紫外線です。紫外線を浴びることで肌に活性酸素が生成されてしまうのです。

線維芽細胞の老化を防ぐためには、何らかの形で紫外線対策を立てる必要があります。

最も効果的なのは、帽子をかぶることです。日差しが強い日には帽子によって、頭皮に紫外線が当たるのを防いでしまおうというわけです。

ただ、室内でも帽子をかぶっているとかえって頭皮が蒸れてしまい、頭皮の状態が悪化して薄毛の原因となってしまいかねません。帽子をかぶるのは屋外にとどめておきましょう。

2.コラーゲン生成に必要な栄養分を取る

コラーゲンは基本的に体内で作られるものですから、材料が多ければ多いほど生成量も増えていきます。具体的にはアミノ酸とビタミンC、鉄が必要です。

これらを積極的に摂取することで、コラーゲンの生成量を増やすことが可能になります。

アミノ酸は体内でタンパク質を分解して作られますので、タンパク質を多く含む食品を積極的に取ればいいことになります。具体的には肉類や魚介類、大豆製品がこれに当たります。

ビタミンCはピーマンや芽キャベツ、海苔などに多く含まれていますが、熱に弱いため注意が必要です。鉄分はレバーや卵黄などに多く含まれています。注意してほしいのは植物に含まれている鉄分で、非ヘム鉄という吸収されにくいタイプが大半です。

非ヘム鉄はビタミンCと一緒に摂取することで吸収率がアップしますので、できるだけ一緒に摂取するようにしていきましょう。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!