体毛が濃いと薄毛になりやすい?

体毛が濃いことを男性的だと思うか、清潔感がないと思うかは意見の分かれるところですが、この体毛の濃さが薄毛になりやすさいかどうかに関係しているという噂があります。

確かに薄毛の人の中には、立派な髭をたくわえている人もいますので、あながち間違っているとも思えません。体毛が濃いと薄毛になりやすいというのはそもそも本当なのか、本当ならばどのような対策を取ればいいのかなどについて、説明していきましょう。

体毛が濃いかどうかは遺伝によるもの

まず結論から書いておきましょう。体毛の濃さと薄毛のなりやすさは基本的に関係ありません。体毛が濃くても薄毛にならない人は、実際に存在しているのです。なぜそのようなことになるのでしょうか。

まず、体毛が濃いかどうかを決める要因のひとつは、毛穴の数だということです。毛の太さが同じ場合には、毛穴の数が多ければ体毛の本数が増えますので体毛は濃くなりますし、毛穴の数が少なければ体毛は薄くなります。

そして、この毛穴の数は隔世遺伝によって決まっているのです。両親が毛深くなくても、祖父母が毛深ければ同じようになる可能性があるということになるのです。

そして、頭髪の多さと体毛の多さは必ずしも関係ありませんし、片方が多いケースもあれば、全体的に毛穴の数が多くなるケースもあります。もし頭髪、体毛とも毛穴の数が多ければ、両方ともフサフサということになってくるでしょう。

こうした体質も、遺伝によって決まってくるのです。このように、体毛の濃さと薄毛のなりやすさには必ずしも関係がないことが分かります。

薄毛と遺伝子は関係があるのか?

2016.07.20

つむじハゲは遺伝するの?

2016.07.19

若はげは遺伝するのか?

2016.07.19

DHTと体毛との関係は?

ただ、頭髪と体毛とは全く関係ないのかというと、全く無関係とも言いきれないのが実際のところです。

なぜなら、AGA(男性型脱毛症)の原因である男性ホルモン由来物質・DHT(ジヒドロテストステロン)には、体毛を濃くする働きがあるからなのです。

AGA発症のメカニズムは、DHTによって生成が促される成長因子が関係しています。

TGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βがその成長因子で、DHTの生成量が増えるとTGF-βも増加することが分かっています。問題はTGF-βの働きが毛母細胞の働きを抑え、頭髪の成長を阻害してしまうことです。

育毛のために脱毛因子「TGF-β」を理解しておこう!

2017.01.03
これによって頭髪が十分に成長する前に抜けてしまい、抜け毛の原因となります。AGAが進行すると毛母細胞が次第に弱っていき、最終的には毛根が死滅して頭髪が生えなくなってしまいます。

こうなるとどのような薬剤も効果を発揮できず、植毛のすべてを懸けるしかなくなります。ところが、DHTは体毛に対しては逆に作用するのです。

頭部においてはTGF-βの生成を促しているDHTですが、それ以外の部位ではIGF(インシュリン様成長因子)の一種であるIGF-1の生成を促しているのです。IGF-1はTGF-βとは逆に毛母細胞の分裂を促す働きを持っています。

これによって体毛の成長が促され、太い毛になってくれるというわけです。毛穴の数が同じなら、太い方が濃くなってくれます。体毛が濃い人が薄毛になりやすいというのは、このDHTの働きが影響しているのです。

つまり、この情報は「半分正解、半分ウソ」ということになると考えていいでしょう。

「薄毛注意」の兆候は?

では、体毛がどのように濃くなれば「薄毛注意」なのでしょうか。それは、体毛が徐々に濃くなっていった場合です。

上にも書きましたように、体毛の濃さは量と質によって決まりますが、そもそも遺伝的に体毛の数が多い人は最初から濃いのです。濃い状態でずっと変化がないようでしたら、薄毛のリスクは必ずしも高くないということになります。

ところが、体毛が徐々に濃くなるようなケースは、毛穴の数が増えているのではなく、体毛の太さが変化することで起こっているのです。これも上に書きましたが、DHTには体毛を太くする働きがあります。

体毛が太くなってきたということはDHTが増えてきたということを意味しており、これがいずれは頭部にも及んでくることを意味しています。最近体毛が濃くなってきたという人は、自分の抜け毛をよく観察してみましょう。

細い毛や先が尖った毛が混じっているならば、それは頭髪が十分に成長する前に抜けている証拠でもありますので、すでにAGAを発症していると考えていいでしょう。

もしあなたがこの条件に当てはまるようでしたら、早い時期にDHTの生成を抑えるための対策を立てた方がいいでしょう。最も効果が高いのはフィナステリドという薬剤で、投与後に薄毛が悪化したという人は2%しかいないというほどの効き目があります。
フィナステリドの画像 ただ、副作用としてED(勃起障害)や精子の減少が確認されていますので、若年層の使用には不安があります。薄毛になるまでに至っていないという人ならば、ノコギリヤシエキスが配合されている育毛サプリメントはどうでしょうか。
ノコギリヤシの画像 効果の方はフィナステリドには劣りますが、こちらは臨床試験で副作用がないことが分かっていますので、安心して摂取できるのではないでしょうか。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!