バイオテックの育毛剤「BIO WITH ONE ベータS」を徹底解剖!

バイオテックといえば育毛サロンを全国展開していることで知られていますが、そのバイオテックが販売している育毛剤が「BIO WITH ONE ベータS」です。育毛サロンのノウハウを生かした製品だけに、効果に期待している人も多いのではないでしょうか。

BIO WITH ONE ベータSにはどのような効果があるのか、どのような成分が含まれているのか、副作用はあるのか、使用者の口コミはどのようなものなのかなどについて、徹底解剖していきましょう。

BIO WITH ONE ベータSにはどんな効果があるの?

BIO WITH ONE ベータSの効果は、大きく分けて3つです。頭髪の脱毛を抑制する効果、頭髪の成長を促す効果、頭皮の状態を整える効果です。

それぞれの効果と、その効果を高める「ナノエマルジョン技術」について説明していきましょう。

頭髪の脱毛を抑制する効果

男性の薄毛の主な原因のひとつにAGA(男性型脱毛症)があります。

これは、男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)によって頭髪の成長が妨げられ、十分に成長していない頭髪が抜けるようになってしまう病気です。

脱毛を抑制するためにはDHTの働きを抑える必要があるのですが、BIO WITH ONE ベータSにはこのための成分が含まれています。これによって頭髪の脱毛を抑え、AGAがこれ以上進行しないようにするのです。

ちなみに、AGA治療においてはDHTの生成を抑えることは最も重要視されています。実際、AGAクリニックなど医療機関では、DHT生成抑制剤であるフィナステリドの処方が最優先となっています。

頭髪の成長を促す効果

DHTの生成抑制で脱毛を抑えたとしても、それだけでは不十分です。何らかの方法によって頭髪の成長を促す必要があるのです。

BIO WITH ONE ベータSの場合は毛母細胞そのものの活性化と、頭皮の血流良化という2つの方法で、頭髪の成長を促しています。

DHTによって頭髪の成長が抑制されるのは、毛母細胞の分裂を抑える働きがあるためです。

頭髪の成長を促進させるためには、DHTによって活力を失った毛母細胞を活性化させる必要があります。BIO WITH ONE ベータSには、このための成分が含まれているのです。

また、毛母細胞が活発に分裂するためには、そのための栄養素と酸素が必要となります。頭皮の血流が良化すれば、栄養素と酸素が潤沢に運ばれてくるようになります。BIO WITH ONE ベータSには、そのための成分が含まれています。

この2つの相乗効果によって、頭髪の成長を促すのです。

ちなみに、医療機関で処方されているミノキシジルは、頭皮の血管を拡張して血流を良化させるものです。BIO WITH ONE ベータSにはこれに似た成分が配合されていると考えていいでしょう。

頭皮の状態を整える効果

頭髪を作物とするならば、頭皮は畑のような役割を持っており、頭皮の状態悪化は頭髪に悪影響をもたらします。

不十分な洗髪やストレスなどによって頭皮の皮脂が過剰な状態になれば、毛穴に詰まって炎症を起こし、脂漏性脱毛症の原因となります。逆に過剰な洗髪や紫外線の影響などで頭皮が乾燥すると、フケが増えて毛穴に詰まり、粃糠性脱毛症の原因となります。

BIO WITH ONE ベータSには、頭皮の状態を整える成分も含まれています。例えば頭皮の保湿力をアップさせることで乾燥と皮脂の過剰分泌を抑え、状態を整えるといった具合です。

育毛に直接関係しているわけではありませんが、育毛成分によって生えてきた頭髪をしっかりと定着させる効果があり、「縁の下の力持ち」的な成分だといっていいでしょう。

ナノエマルジョン技術とは?

こうした成分が含まれていても、頭皮にうまく浸透してくれなければ効果はダウンしてしまいます。例えば、頭皮の皮脂が多くなっていると、吸収が妨げられてしまうといった具合です。

BIO WITH ONE ベータSで採用されているナノエマルジョン技術は、育毛成分の粒を微細化することによって、皮脂などによって頭皮への浸透が妨げられないようにするものです。

頭皮が皮脂に覆われていても、わずかな隙間から入っていくことができるようにしているのです。これによって育毛成分が頭皮に浸透しやすくなり、効果を確実にできるというわけです。

BIO WITH ONE ベータSに含まれている成分は?

上記のような効果を発揮するために、BIO WITH ONE ベータSにはいろいろな成分が含まれています。主な成分と、成分表を見て気になった点について説明していきましょう。

ヒノキチオール

毛母細胞に刺激を与え、分裂を活発にしてくれる働きがあります。AGAによって活力を失った毛母細胞を元気にすることで、頭髪の成長を促してくれます。

エチニルエストラジオール

女性ホルモンは男性の体内でも分泌されていますが、この女性ホルモンの働きを強める効果があります。女性ホルモンには頭髪の成長を促進させる働きがあり、これによってDHTの脱毛効果を抑えようというものです。

女性の体内にも男性ホルモンやDHTがありますが、若年層でAGAを発症するのは稀です。これは女性ホルモンが大量に分泌されており、これによってDHTの働きが抑えられているためです。

ビワ葉エキス

FGF(線維芽細胞増殖因子)という成長因子の一種であるFGF-5の働きを抑えることができます。FGF-5は成長因子ではありますが、実際の働きは脱毛を促すもので、DHTの働きで増加してしまうことが分かっています。

このFGF-5の働きを抑えることで、十分に成長する前の頭髪は抜けてしまうのを防ぐことができ、薄毛対策になるのです。
また、FGF-7という成長因子を増やす働きもあります。

FGF-7はFGF-5と名前は似ていますが、毛母細胞を活性化させる働きを持っています。これによって頭髪の成長を促していくのです。

海藻エキス

VEGF(血管内皮増殖因子)とFGF-5Sという2つの成長因子を増やす働きがあります。

VEGFは新しい血管を造作る働きがあり、毛根により多くの血液が送られるようにします。また、FGF-5SはFGF-5の働きを抑え、脱毛を防いでくれます。この相乗効果によって頭髪を成長させていきます。

DL-PCA・Na液

頭皮の保湿力をアップさせる働きがあります。これによって頭皮の乾燥を抑えることができます。

また、頭皮が乾燥すると皮脂の分泌量が増え、皮脂が過剰な状態になるケースがありますが、これも保湿力アップによって防止することができます。

パントテニルエチルエーテル

ビタミンB群の一種で、毛母細胞に刺激を与えて分裂を促す働きがあります。

天然ビタミンE

血液をサラサラにしてくれる働きと、抗酸化作用があります。血液をサラサラにすることで血流が良くなり、毛根により多くの血液が流れるようになります。これによって十分な栄養分と酸素が供給され、頭髪の成長が促進されます。

また、抗酸化作用によって動脈硬化を防ぐことができます。動脈硬化によって血管内部が狭くなると、血流が悪化し、頭髪の成長を妨げる原因となります。動脈硬化を防ぐことで、頭髪の成長力をキープすることができるというわけです。

成分表で気になる点は?

BIO WITH ONE ベータSの成分表を見ていくと、気になる点があります。それは、エタノールとパラベンが配合されていることです。

まずエタノールですが、これは育毛成分ではなく、品質保持のために配合されています。エタノールの問題点は、頭皮に刺激を与え、赤みやかぶれの原因となってしまう可能性があることです。

BIO WITH ONE ベータSには頭皮の状態を整える成分が含まれていますが、エタノールによって頭皮の状態が悪化してしまうという無意味なことになってしまいかねません。

また、パラベンは防腐剤として配合されているものですが、アレルギーを起こしたり、頭皮に刺激を与えてたりしてしまう可能性が指摘されています。活性酸素発生の原因となっているという説もあります。いずれにしても、必ずしも好ましい物質ではないということです。

BIO WITH ONE ベータSを使用する場合、こうした成分が配合されていることを踏まえたうえで、いかにして刺激を抑えていくかを考えていく必要があります。

BIO WITH ONE ベータSの効果的な使い方は?

育毛剤は決して安いものではありませんし、BIO WITH ONE ベータSも入手にはそれなりのお金が必要です。

どうせ育毛剤を購入するのなら、より効果の高い使い方をしたいというのが人情ですが、どのようにすればBIO WITH ONE ベータSの効果をアップさせることができるのでしょうか。

頭皮が湿っている状態で塗布する

上記のようにBIO WITH ONE ベータSには頭皮に刺激を与える可能性がある成分が含まれていますので、頭皮が湿っている状態で塗布した方がいいでしょう。

水分によってこうした成分が薄められ、刺激を弱めることができるからです。

実は育毛剤の効果をより高めるためには、育毛成分を濃い状態で浸透させるため、頭皮を乾かしてから塗布する方がいいのです。

ただ、刺激物によって頭皮の状態が悪化してしまうリスクを考えると、オススメできないのも確かです。

使用後はしっかりと乾かす

BIO WITH ONE ベータSを塗布したあとは、ドライヤーでしっかりと乾かしておきましょう。

頭皮が濡れたままだと蒸れてしまい、状態が悪化する原因となります。また、水分によって細菌が繁殖し、頭髪がベタつく原因になってしまうのも問題です。

夜の入浴後の塗布がオススメ

頭髪の伸びには成長ホルモンが関係していますが、ホルモンの分泌が最も盛んになるのが午後10時~午前2時です。

BIO WITH ONE ベータSがこの時間に効果を発揮できるように塗布することができれば、効果はアップしてくれます。
最もオススメなのは、夜の入浴後です。

時間帯がほぼ最適なことに加え、洗髪によって皮脂が適度に洗い流されているため、育毛成分が浸透しやすくなっていることが理由です。

頭皮マッサージを併用する

BIO WITH ONE ベータSには頭皮の血流を良化させる成分が含まれていますが、頭皮マッサージを併用することでさらに血流が促進され、育毛効果がアップしてくれます。

また、マッサージによって頭皮が柔らかくなり、育毛成分が浸透しやすくなるのもメリットです。

副作用は大丈夫?

育毛剤を購入するときに心配してしまうことのひとつが、副作用の有無です。

これはAGAの治療薬であるフィナステリドとミノキシジルに副作用が確認されていることが背景にあります。フィナステリドはED(勃起障害)や精子減少、ミノキシジルは頭皮のかぶれや湿疹です。

特にフィナステリドの副作用は、若年層にとってはAGAよりも深刻な悩みとなりかねません。

BIO WITH ONE ベータSに含まれている育毛成分は基本的に自然由来のものですから、育毛成分による副作用が起きる可能性についてはないとみていいでしょう。

ただ、上記のように頭皮に刺激を与える成分が含まれていますので、もし頭皮が赤くなったり、かぶれてしまったりした場合には使用を中止し、医療機関を受診するようにしましょう。

初期脱毛はあるの?

育毛剤が効果を発揮し始めると頭髪の成長サイクルが整えられていきますが、この過程で頭髪が一度抜けてしまうことがあります。これを初期脱毛といいます。

かつてはミノキシジル系に特有のものといわれていましたが、現在ではどのような育毛剤でも起きる可能性があるとされています。

BIO WITH ONE ベータSにも頭髪の成長サイクルを整える成分が含まれていますので、初期脱毛が起きる可能性については否定できないというのが正直なところです。

ただ、初期脱毛は育毛剤が効果を発揮している証拠でもありますし、しばらくすれば収まりますので、必要以上に心配しない方がいいでしょう。

心配しすぎるとストレスの原因となり、頭皮の血流を悪化させてBIO WITH ONE ベータSの効果をダウンさせてしまう可能性があるためです。

BIO WITH ONE ベータS口コミはどんな感じ?

どのような製品にもポジティブな口コミとネガティブな口コミがありますが、どちらの口コミにも製品の特徴というものは表れるものです。

BIO WITH ONE ベータSの口コミには、どのようなものがあるのでしょうか。

まず、使い心地については比較的好意的なレビューが多いです。

「ベタつかず匂いもしない」(30代男性)、「思った以上に匂いがきつくなく良かった」(30代女性)といった具合です。
一方で、1滴ずつ揉み込んでいくという使用法については否定的な声が見られます。

「使用方法は面倒」(30代男性)、「毎日塗るのは面倒」(30代女性)といった具合で、この点については改善する必要があるのかもしれませんね。

購入方法によるメリット・デメリットは?

BIO WITH ONE ベータSは公式サイト以外に、楽天やAmazonといったネットショップでも取り扱っています。それぞれの購入方法の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。

公式サイトでの購入

公式サイトでの購入でオススメできるのは、定期購入コースです。150ミリリットル入りならば低下8640円を6480円、300ミリリットル入りならば1万2960円を1万1170円に割り引いてくれます。

これならば育毛剤としては必ずしも高い価格にはなりませんので、お買い得ではないでしょうか。品質やアフターケアの面を考えても、公式サイトでの購入がお得といっていいかもしれません。

楽天・Amazonでの購入

楽天・Amazonの画像 楽天での最安値は150ミリリットル入りが6480円、300ミリリットル入りが1万1170円で、公式サイトの定期購入コースと同じです。

Amazonは150ミリリットル入りが8640円で、あまりお買い得とはいえないようです。取り扱っているのはどちらも正規販売店であるバイオテックです。

楽天やAmazonのポイントを大量に持っていということでもない限り、利用するメリットはあまりないかもしれません。

薬局での購入は可能なの?

育毛剤をネットで購入するときに気になってしまうのが、家族に購入がバレてしまわないかということです。

内容物の欄に「育毛剤」と書いてあるようなことがあれば、目も当てられません。このため、育毛剤は薬局の店頭で買うことにしている人も多いようです。

「BIO WITH ONE ベータS 薬局」で検索をかけてみたところ、BIO WITH ONE ベータSを薬局で販売しているというサイトはヒットしませんでした。BIO WITH ONE ベータSは薬局では取り扱っていない可能性が大です。

どうしても店頭で購入したいという人は、バイオテックの育毛サロンで取り扱っていますので、こちらで購入するほうがいいかもしれません。

2chでの評判はどんな感じ?

2ちゃんねるの画像 ネットの巨大掲示板「2ch」は匿名で書き込めるため、辛辣な口コミが寄せられることで知られています。

2chのバイオテックのスレッドもかなり厳しい意見が並んでいるのですが、育毛剤についての書き込みはほとんどありません。ただ、2chで話題になるときは何らかの問題を起こして炎上しているときが大半です。

少なくともBIO WITH ONE ベータSについては、それほど悪い噂はないと考えていいのかもしれません。

どのような薬剤・サプリとの併用がオススメ?

BIO WITH ONE ベータSの成分表を見ると、DHTの生成そのものを抑える成分が配合されていないことが分かります。DHTの生成を抑えることができる薬剤やサプリメントとの併用がオススメです。

最も効果があるのはフィナステリドで、処方された人のうち症状が悪化したのは2%というほどですが、上記のように副作用があるという問題点があります。

どうしてもフィナステリドの副作用が怖いという人には、ノコギリヤシエキスが配合されている育毛サプリがオススメです。効果はフィナステリドには劣るものの、こちらは臨床実験で副作用がないことが確認されているため、安心して使用することができるためです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!