ハゲは隔世遺伝の影響が原因になりうる?

父親はハゲていないのに自分はハゲてしまったという人は、結構いるのではないでしょうか。そういう場合は父親ではなく、両親の祖父の頭部を思い出してみましょう。

もしかすると、ハゲていたのではないでしょうか。ハゲは親からだけではなく、その親からの隔世遺伝が原因となることもありうるのでしょうか。ハゲが隔世遺伝によって起きる可能性について、説明していきましょう。

AGA発症のカギを握る「DHT受容体」

ハゲの原因の多くは、AGA(男性型脱毛症)です。これは男性ホルモン由来物質であるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因で引き起こされるものです。DHTは頭部において、TGF(トランスフォーミング増殖因子)の一種であるTGF-βと、FGF(線維芽細胞増殖因子)の一種であるFGF-5という2つの成長因子の生成量を増やす働きがあります。

TGF-βは頭髪の成長に関係している毛母細胞の分裂を妨げてしまう働き、FGF-5には頭髪に「抜けろ」という命令を出す働きがあります。

DHTによってこの2つが増えてしまうことで頭髪の成長が抑制されるうえ、まだ抜ける時期になっていない頭髪まで抜けるようになってしまい、薄毛が進行してしまいます。これがDHTの発症メカニズムです。

ただ、早い時期からAGAを発症してしまう人もいれば、高齢になっても頭髪がフサフサしている人がいるように、AGAになりやすい人となりにくい人がいます。原因としてはストレスや食事などの生活習慣が考えられますが、遺伝も原因のひとつになっています。

AGAになりやすいかどうかを決める体質的要因は、主なものとしては2つあります。ひとつはDHTそのものが生成されやすいかどうか、もうひとつはDHTが効果を発揮するために必要な「受容体」の感度が高いかどうかです。実はこれらの体質には、遺伝子が関係しているのです。

DHTの生成量が多いのは優性遺伝

まずDHTそのものの生成量ですが、これは5α-リダクターゼという酵素が多いかどうかで決まります。5α-リダクターゼとは男性ホルモンからDHTを生成するために必要となる酵素で、AGAの治療薬であるプロペシアやザガーロは、この酵素の働きを抑えることでDHTの生成を抑制し、AGAが進行しないようにしているのです。

5α-リダクターゼが多いかどうかを決める遺伝子は、常染色体上にあり、多いほうが優性となっています。つまり、両親のどちらかが5α-リダクターゼが多い体質ならば、高確率で子供に遺伝してしまうのです。両親とも5α-リダクターゼが多ければ最低でも75%、片方だけならば最低50%は同じ体質になってしまう計算になります。逆に両親とも5α-リダクターゼが少ない体質ならば、確実に同じ体質になります。

父親がハゲていると子供もハゲやすいとされているのは、5α-リダクターゼが多い体質が確実に遺伝してしまうためです。DHTが多ければAGAを発症しやすいためです。

ただ、実際には父親がハゲているのに子供はハゲないケースもありますし、父親がハゲていなくても子供はハゲるというケースもあります。これは、DHTの受容体の感度が関係しているのです。

DHT受容体の感度に関係しているX染色体

実はDHTだけがあっても、AGAの原因であるTGF-βやFGF-5が増えるわけではないのです。毛根付近にある受容体と結合することで、TGF-βやFGF-5が生成される仕組みになっているのです。

もしDHTが生成されやすい体質を両親から受け継いでいても、受容体の感度が鈍ければTGF-βやFGF-5が生成されにくいので、AGAを発症する可能性は低くなります。父親がハゲていても子供がハゲていないケースは、受容体の感度が低い遺伝子を受け継いているためと考えていいでしょう。

受容体の感度を決める遺伝子は、性染色体であるX染色体上にあります。男性の場合は性染色体がXYですから、もしX染色体上に受容体の感度が高い遺伝子が存在していれば、DHTの影響を受けやすい体質になってしまいます。

これに対して女性は性染色体がXXで、両方に受容体の感度が高い遺伝子がないとそうした体質になりません。女性が男性に比べてAGAになりにくいのは、頭髪の成長を促す女性ホルモンが多いのもさることながら、受容体の感度が高い体質が遺伝しにくいことも影響しているのです。

そして、男性のX染色体は、必ず母親から受け継がれているものなのです。Y染色体は男性しか持っていませんので、子供が男性の場合、Y染色体は父親からしか受け継げないためです。残りのX染色体は、必然的に母親由来のものとなるわけです。

つまり、DHT受容体の感度が高いかどうかは、父親の体質は全く影響しておらず、母方の体質が影響しているのです。父親がDHT受容体の感度が低いX遺伝子を持っていても、全く関係ないのです。

母方の祖父母が受容体の感度が高いX染色体を持っていれば、それが子供に影響してしまうというわけです。逆に父がハゲていても、母方から受容体の感度の低いX染色体が伝われば、AGAを発症する可能性は低くなってくるというわけです。

ハゲは隔世遺伝の影響が原因になりうるかといえば、それは正しいといっていいでしょう。ただ、影響する可能性が高いのはあくまでも母方の遺伝子であって、父方の遺伝子の影響はそれほど高くないというのが実際のところなのです。

チャップアップ 楽天リサーチ3冠受賞

AGAで悩む方に人気!
チャップアップ

Yahoo!Japanショッピングの男性育毛剤部門で1位を獲得した人気商品!

今だけ限定78%オフ!
濃縮育毛剤 BUBKA

満足度98%、生えるまでキャンペーン!今なら初回半額でシャンプー、サプリの限定特典

M字専用育毛剤
薬用プランテル

M字を克服したユーザーからの支持率第一位!